にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です

プロのレビューが酷過ぎる件

2013年04月01日 00:00

シラサギだって花見する

シラサギだって花見する

Pentax K-5, Sigma AF17-70mmF2.8-4OS HSM

※ブログに視覚要素を加えるlightboxを導入しています。上記画像をクリックすると少し大きな画像をポッ プアップして見る事が出来、暗くなった部分をクリックするか、画像下部のCloseをクリックすると元に戻ります。



何か2チャンネルのようなタイトルになってしまったが、プロカメラマン、プロライターの書くカメラレビューに対してそう表現するしかないくらいホントに酷いのは何故だろうか?。

Pentaxユーザーとしては先に発表されたNikonのローパスフィルターレスAPS-C2400万画素のデジタル一眼レフのD7100、興味津々なのは言うまでもない。

ところが3月28日時点で4つのレビューを見て・・・。

デジカメWatch - 新製品レビュー Nikon D7100
デジカメWatch - 気になるデジカメ長期リアルタイムレポート Nikon D7100 第1回
デジカメプラス - 写真で見るNikon D7100
デジカメプラス - 「2013年型DXフォーマット機」として進化したミドルクラス―ニコンD7100

えっ?、これってローパスフィルターレスカメラだよね?、ちょっと酷過ぎやしないか?。レンズが悪いのか、ボディに不具合があるのか、こんなに解像していないなんてあり得ないでしょう。

以前、Ricohから借りたRicoh GXRとA16 24-85mmのセット、これもセンサーをローパスフィルターレスにしたものだが、撮影後自宅でパソコンで数枚眺めただけで、「おっ!、やっぱり綺麗に解像しとるねぇ!」と大感激した。

勿論、ローパスフィルターレスとは言え、RAWファイルではシャープをほんの少し掛けないとボヤッとしてしまうのもA16ユニットを使って知った。これはどういう事かと言うと、GXRが吐き出したJPGファイルはどれもくっきりはっきりしているのに、RAWファイルをLightroomで現像した場合、シャープ量の0(つまり全くシャープを掛けない)にすると、途端に解像感が悪くなるのだ。

そして上記のリンクのD7100のサンプル写真はどれもRAWファイルをLightroomで現像し、一切シャープを掛けていない像よりも悪く感じる。しつこいようだが(笑)、酷過ぎる像なのだ。

以前にも2012年10月11日の記事で、プロの書いたPentax K-30のレビューのサンプルが酷いとネタにしたが、何故こうもしょ~もない画像ばかりレビューとして出てくるのだろうか?。

これはPentax K-5IIsでもそうだった。まぁK-5IIsの場合、一部のカメラ屋さんが、先走って超~提灯持ちレビューをしちゃったから、そのギャップのせいで「あれれ?、この程度かいな?」と思ってしまった事もあるが、それを差し引いてもこの手のレビューサイトのサンプルを見ると購買意欲を失う大きなきっかけになってくれちゃう。

いずれにせよ、プロのカメラマンやライターが執筆しているのだから、過去にも色々なカメラをレビューしたり、実際に仕事で使われている筈で、どうしてレビュワー本人が「ちょっとおかしいぞ?」と気づかないのかが不思議だ。

おかしいぞ?、と気付いてもそれを記事として指摘するとメーカーからお咎めを食らうのだろうか?。でもおかしいなぁ、と言うのも・・・。

おおよそこの手のレビューはメーカーから機材を借りて撮影している筈。メーカーが不具合のあるボディやレンズを貸し出すなんてあり得ない。また、長期レビューではレビューワー本人が機材を購入しているようで、だったらこの人は今後、この程度の画質しか得られないカメラやレンズを仕事で使うんだ、カメラマンとしての質が問われる。

そして尤も気になるのが、デジカメWatchの長期レポートのカメラマン、D7000でも長期レポートを担当している。ならばこれだけD7100が解像していないのに、それに関して全く何も述べていない。仮にそれが1600万画素と2400万画素の違いであったなら、プロならプロらしく、その辺りの解説を素人が見ても判るように書くべきだろう。

金銭が発生するお仕事だから、レビューには我々が知る事の出来ない「絶対に批判してはならない」など、様々な制約があるのかもしれないが、海外の幾つかのカメラ、レンズテストサイトを見ると、「悪いところは悪い」とちゃんと批判している。文化の差だろうか?。

photozoneでNikon D7000、上記のレビューと同じ16-85mmF3.5-5.6を使っている写真を見る事が出来るが、明らかにD7100で撮影された上記レビューの写真よりもしっかりと解像している。しかもこのレンズに対する評価は及第点以上。

Photozone - Nikkor AF-S DX16-85mmF3.5-5.6 Review Page 3

シャープの掛け方に違いがあるのかもしれないが、photozoneはレンズのテストサイトなので、デフォルト設定よりも強くシャープを掛けている事はないと思う。

一般にローパスフィルターレスにすると20%弱の画質の向上があると言う。言い換えればローパスフィルターを付けちゃうと20%も画質が低下する。上記D7100のレビューの写真をご覧になって、もしこれにローパスフィルターが付いていたら、このしょ~もない写真からさらに20%も画質が低下するのだ。

1600万画素と2400万画素の違いはあれど、ローパスフィルターを排除したD7100がD7000よりも劣っているように見えるのだから、何か大きな原因があると思う。さらに言えばセンサーは異なるだろうが、同じ2400万画素でローパスフィルターのあるSony Nex-7の方が幾つかのレビューを見る限り、解像しているのだ。

思えば、一昨年の秋、Pentax K-5を買うか、Nikon D7000を買うかで大いに悩んでいて、その時から日本のレビューサイトだけを見て、カメラ、レンズの性能を測るのは良くないと感じていた。

機能はメーカーサイトの該当ページやPDFになっているマニュアルを見れば判るし、使い勝手は量販店に行って触り倒せば良い。そして画質をチェックするのだったら海外のテスト、レビューサイトやアマチュアが撮影した写真を見る方が遥かに信頼出来る。

最後に、ここまで書いて、デジカメWatchの長期レビューの第2回が掲載されている事に気付いた。これは意外とまともか?。

デジカメWatch - 気になるデジカメ長期リアルタイムレポート Nikon D7100 第2回

ただ、そんなにローパスフィルターレスの効果が高いか?、率直な疑問。本文を読むと、手持ちで尤も解像力のあるレンズを使っているそうだが、その割には大した事がない。勿論、桜の花びら1つ1つにしっかりと輪郭が出ているから画質の向上は確実にあるのは判る。

とは言え、D7100のネガキャンをするつもりはないが、Pentax独自のファインシャープネス、エクストラシャープネスの方が遥かに解像感の高い写真を作れる気がする。いずれPentaxからも2400万画素のカメラが発売されるだろうから、その時に厳密に比較した記事が楽しみだ。

写真は解像感だけで語るものではないし、1600万画素と2400万画素の違いも大きいが、これらのD7100のレビューを見る限り、AFの機能に対してさほど神経質でない方ならD7000で十分(D7100ではAFがかなり進化したらしい)、ちょっとシャープ量を多目に設定すれば良いだけ、そんなレポートに仕上がっているように感じるのだった。

そもそも桜だけで解像感云々、そんなレポート法が悪いでしょ。人工物だとどうなるのか、無限遠付近のさらに遠景、この辺の写真で比較しない限り、ローパスフィルターレスの解像感は判らない。結局、このカメラマン、桜写真をいち早く掲載したいが為にこんなレポートに仕上げた、そうとしか思えない。

ちなみにPentax K-5IIsのデジカメWatchのレビューなんて内容そのものが醜い。何しろ、レビューの半分以上を一般の人が使いもしないオールドレンズに焦点を当てちゃっている。長期レビューで行うのならそれもありだろうが、新製品レビューでそんな記事に仕上げちゃうなんて馬鹿なんじゃないか?。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です



コメント

  1. ハッセルじいちゃん | URL | lalX43Vc

    こんにちは~
    今まさに 京都:高瀬川沿いが このように桜満開です。
    川の奥に料亭があり 毎日 同じ時間にゴイサギが餌をもらいに来るのです。
    窓に向ってじっと待つ姿に癒されてます。

  2. のこのこ | URL | mQop/nM.

    k

    先日はペンタックスのピント…について教えていただきありがとうございました。
    あのあと、K-5、K-7各ページをあらためて読ませていただき、購入欲がふつふつと…
    きょう仕事帰りに新品同様で約1000ショット、というK-7を見つけてしまい、ふらふらと持ち帰って来ました。
    K-5の予定でしたが、ボディの質感、状態、そして二万円半ばのお値段に衝動買いです。
    k-5は少し遠のきましたが、まずはk-7を楽しんでみようと思います。
    それにしても、ボディの質感は上々ですね。新品時はかなり高価だったと思いますが…
    操作や初期設定にとまどっているような状態ですが、まずはご報告まで…
    参考になるアドバイスやレビュー、ありがとうございました!

  3. ひびき | URL | -

    はじめまして^^

    はじめまして☆ええ、まったくです(笑)いつもどこのサイト見てもそう思ってみてますよ(笑)一応私は写真で飯食ってますがプロは【件数】を重視して【クオリティ】を無視する…件数増えればおカネですからね…つまり写真で食べてる人はプロ=写真ウマイではないんです(-_-)…これ以上喋ったら自分の立場がなくなるのでやめておきます(笑)

  4. BigDaddy | URL | -

    > ハッセルじいちゃん さん

    My Favoriteの方にもコメントしましたが、東京は早過ぎです。つい2週間くらい前、まだまだつぼみは固く、当分先だと思ったらすぐに満開になってしまい、撮影スケジュールが大幅に狂ってしまいましたよ(笑)。

    東京は京都と違って、川沿いに料亭なんてありませんから、同じ川でも風情が違いますよね。いつかは桜の季節、京都に赴いてみたいと思っています。

  5. BigDaddy | URL | -

    > のこのこ さん

    ご購入おめでとうございます。

    デジカメはすぐにモデルチェンジしますから、ホント、新品同様の中古が多いですよね。それにしても2万半ばでK-7が買えちゃう、ちょっと心境は複雑です(笑)。私が以前、3年落ちのK10Dを買った時でも3万円はしていました。

    K-7がK-5に劣っている点は超高感度域の画質と連写スピード、LV時のAFくらいですから、普通に写真を撮る分にはほとんど問題はないかと思います。ISO800からシャドー部が濁ったようなノイズが出てしまいますが、これも等倍で見るから不快になるだけで、少なくともA3ノビプリントには全く影響がありません。

    MFレンズとの組み合わせても十分堪能出来るので、今後、K-7ライフ、楽しまれてください。

  6. BigDaddy | URL | -

    > ひびき さん

    コメントありがとうございます。

    プロの場合、それはカメラマンだけなく、どんな業界でも「クライアントの要望に応え、失敗しない事」が第一なんだと思います。また件数を重視する、これもあながち生活するにおいて間違いではないとは思うのですが・・・。

    それでも何ていいましょう。個々の質よりも、駄目なものを駄目と言えない、そんな風潮が悪いのかなとも感じています。プロカメラマンがネット上のレビューでメーカーに対し駄目出しを出来ない、そして編集部もプロのレビュー記事に駄目出しを出せない・・・。レビューはメーカーの為でなく、ユーザーの為にある、これを理解していないのだろうと思いましたねぇ。

    D7000、D7100をレビューしているカメラマンはフィルム時代、雑誌Capaなどで良く見掛けるカメラマンだっただけに、あぁ、この程度のカメラマンなんだとガッカリしていますし、K-5IIsをレビューしたカメラマンなんてお馬鹿さんにか映っていません(笑)。

    今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

  7. | URL | -

    ペンタックスマンセーなのはよく分かりました(笑)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


最新記事