にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です

GOTOトラベルで旅したぜ~ その28 最終回!

2021年04月17日 00:00

鳥居に石

2021-04-17_01

Sony α7II, FE28-70mmF3.5-5.6


いやぁ、長かったぁ!、GOTOトラベルで旅したぜ~ その1の掲載が11月28日だから、間にアウトドアネタや機材ネタを挟んでいるとは言え、たった一度の旅ネタを4ヶ月半にも渡って連載して来たんだなぁ。

本来ならば19日のアウトドアネタの後、21日に富士山五合目トレッキングネタ、すんなり新作に移行出来た筈なのにまん延防止うんたらのせいでトレッキング中止!。はぁ~・・・。

まぁ変異種が蔓延している大阪の重症者率などを見ると東京でも同じような株が流行したら、私の年代でも掛かったら怖いし、そもそも仕事上、社会的に無症状であっても掛かっちゃならないから、今後も当面は趣味の外出は自粛だなぁ。

とにもかくにも今日は今まで掲載し切れなかった幾つかの京都写真で京都ネタ最終回としたい。尚、本日は全てFE28-70mmF3.5-5.6で撮影している。

トップ写真、これは毘沙門堂内にあった、どこだろう?、弁財天の鳥居かな?。その鳥居に石が載せられている。どこかで同じような光景を見た記憶がある。東京ではまず見掛けない風景。調べてみると願掛けの一種のようだ。人の背丈くらいの小さな鳥居なので危険性は少ないが、中には高さ数メートルにも及ぶ鳥居に石が載せられている時もあるようで、これって突風とか地震などで落ちる可能性もあり、危険じゃないのかね?。


2021-04-17_02


これも毘沙門堂にて。滝行出来るスペースがあった。そこに汚いバケツ。この風景にちょいと「ぷっ」と吹き出してしまった。滝行って神聖な場所であり、パワースポットでもあるでしょう?。そこに生活感バリバリのバケツがあるってのは笑えてしまう。

次の写真、南禅寺から哲学の道方面へ歩いて路地を入っていった。実に京都らしい閑静な路地だ。この写真、ひとつ残念な事がある。これを撮る数秒前。正面奥のお宅からだったと思う。2人の庭師さんが出てきた。おっ、庭師さんだ!、添景として最高じゃないか!。カメラを構えたものの、遅かった。すぐに左手に曲がってしまった。


2021-04-17_03


そして哲学の道へ。哲学の道は若い頃、大阪出張の帰り、銀閣寺へ向かう際に歩いているのだが、記憶と全く違うのは何故だろうか?。記憶ではもっと広かった。人って都合良く記憶をすり替えると言うが、何か、哲学の道が狭かったら不都合が私にあったのだろうか?。


2021-04-17_04

2021-04-17_05


この後、安楽寺、法然院を見学し、先斗町へ向かう予定だったのだが・・・。朝9時からほぼ歩き続けており疲労感が半端じゃない。法然院から先斗町まで歩いても1時間掛からないでしょう?。それも「駄目、疲れた!」。その時、ちょうどタクシーが見つかったんだな。当然乗車である!。行き先は何故か出町柳駅。鉄っちゃんではないが、どうしてもこの駅を見たかったんだ。

出町柳駅って山岳鉄道である叡山電車の始発駅。かつてタモリ倶楽部で見たのかな?。物凄く雰囲気があって、是非見たい!。でもちょっとガッカリ。これも記憶のすり替えなのだろうなぁ。山岳鉄道の駅は渋いに決まっている!、そんな意識がずっとあったのだろう。現場に付いてビックリ。えっ!。町の中じゃん!。いや、町の中は判っていたが、もっと寂れた場所にあるもんだと思っていたから・・・。

出町柳駅から先斗町までは電車で1本。なのに「先斗町は日が暮れてから、夜の方が雰囲気良いっしょ!、私はE-M1、連れはE-M5markIIだから1/2秒で風景は止まるから真っ暗な路地でなければ・・・、だったらせっかく京都に来たのだから鴨川を見たいぜ!」・・・。

京都で殺人事件が起きると、鴨川で犯人を追い掛け、刑事はびしょ濡れ、そして南禅寺で事件が解決、そんなパターンが実に多い。その刑事がびしょ濡れになる鴨川はやっぱり見なくちゃいかん!、妙な使命感。


2021-04-17_06


2021-04-17_07


しかし、何と言うか・・・。

「うん、ただの川だね」

自分でもビックリ。何の感動も無かった。すぐに川に背を向け、バスで京都駅に向かおうと、その道すがらどこかの商店街をちょっとだけウロ付く。東京の下町のような昭和な商店街で、大好物な風景があちこちに転がっていたものの、、、

「コロナがヤバイって時になんで商店街がこんな混んでいるんだ?」

昨年11月末、京都はコロナ罹患者が物凄く少なかったんだよね。旅行、観光関連の施設はコロナにかなり気を配っていたが、この庶民の商店街はそんな事一切なかったような・・・。とにかく、こんなに人が多いなんてコロナに掛かって下さいってもんだぜ!、と言う事で早々とそこを通り抜けてしまった。


2021-04-17_08


2021-04-17_09


2021-04-17_10


そして京都の旅の記録、最後は・・・。

この時の旅で見つけたら必ずパチリしていた飛び出し坊やシリーズである!。この商店街では飛び出しお嬢さん!。


2021-04-17_11


やっぱり京都市内はハイカラだね。このお嬢さんも今どきの服を着て道路に飛び出そうとしている。そして圧巻は・・・。


2021-04-17_12


学生服のお嬢さん。でも何故か頭の上にコッコちゃん!?。

しかもこの道、一方通行だよね?。飛び出し坊やシリーズってのは運転者に注意を促すものであり、ここに看板を設置するのは明らかにおかしいと思うぞ!。





いやぁ、久々の観光中心の旅だったが、さすがに京都、楽しかったねぇ~。唯一残念は上述した通り、一番京都らしい、先斗町、祇園界隈を散策出来なかった事。でもこれは次の旅の楽しみとして取っておいたと言っても良いかも知れない。うまく行けば今年の秋、再びGOTOトラベルが使えるでしょう?。もう一度秋の京都を堪能したいと考えている。

秋は仕事を休めないので2泊3日がギリギリ(金曜の夜に東京を出て2泊3日)そう考えるとピンポイントで攻めるしかない。早朝、伏見稲荷を観光し、そこからすぐに東山トレイルコースをトレッキング(比叡山まで行けるかどうかは脚力に掛かっている)。次の日はゆっくりと先斗町、祇園界隈をお散歩写真。きっとたったこれだけの行程でも満足出来るに違いない。

もう一泊出来ればねぇ、天橋立~伊根と言うこれまた違った京都を楽しめると思うのだが・・・。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です



コメント

  1. ショボい滝、やはり私も「プっ」と吹いちゃいました。
    修行なら木桶なのに神聖さが全く見当たらず、珍光景です。
    それと、肩車に見える飛び出し坊や、これ最高です!

  2. BigDaddy | URL | -

    > ハッセルぶらっと さん

    この手の滝行スペースって修行、体験希望者がいたら、その都度、モーターとかで水を流しているのかもしれませんね。あんなちょぼちょぼ水じゃ修行したうちに入りませんもんね(笑)。そうなると神聖だとパワースポットだのとは言えないですよねぇ~。

    コッコちゃんを肩車している飛び出しお嬢さん、素敵でしょう!。鴨川近くの商店街で撮影していますが、たまたま見つけたのでどこの商店街かさっぱり・・・。関西でコロナが収束したら是非探してみて下さい(笑)。その後バスでえらい時間を掛けて京都駅に戻ったので京都駅からは遠い筈です。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


最新記事