にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です

写欲が落ちた?、いいえ!

2019年09月14日 00:00

ビブラムソールが泣いているぜ!

ビブラムソールが泣いているぜ!

HUAWEI P20 lite


スマホアプリ、GoogleのDiscover、これが結構便利。暇潰しには最適だったりする。今日はそんなお話から始めよう。

このアプリは、今までの検索履歴などを元にユーザーが興味あるであろう、そんな情報を与えてくれるアプリ。以前はマイフィードとか言っていたんだっけか?。

判りやすく言えば過去の検索履歴を元にそれにマッチする最新ニュースを届けてくれるアプリ。少し前にマツコ・デラックスがCMをしていた通り、ここに表示される情報、ニュースは各個人によって全く異なる。だからそれを見るだけでその人の趣味、生活スタイルが判ってしまう、ある意味危ないツール。

今じゃこの手のアプリは人工知能が頑張ってくれるのだろうが、多分、これには人工知能は使っていないね。使っていたとしたら相当な馬鹿知能。とにかくある程度カスタマイズをしないと丸で興味の無いネタばかりを拾ってくる。使っていくうちに無駄な情報はなくなって行くが、今でも時折、「なんでこんな記事・・・」ってのがポツンと出てくる。まぁそんな時は「この記事を見ない」とか「興味が無い」とかにセットすりゃ良いのだが、なんだかんだと毎日この作業を必ず行ったいたりする。

このアプリは待ち時間に大活躍。短気だから「待つ」、これが出来ない。人との待ち合わせ、列車待ち、こういう時の暇潰しに活用される。適当に読んでいるだけで待ち人や列車がやって来る。

余程重要で無い限り、人との待ち合わせで相手が連絡もなく15分来なかったら即帰るし、連絡があってもあと30分待てと言われても帰るかな。

バスでしか行けない仕事先があったとする。帰路にて時刻表を見て「わっ!、あと20分も来ないじゃないか!」、そんな場合は次のバス停まで歩く!。待つのは15分が限界。それくらい嫌い。

昔はそんな時、煙草すっぱすっぱで時間を潰したりもしたが、今はご法度。だからスマホはあり難い。限界が15分であってもそれで遊んでいればイライラせずに15分しっかりと待てるもの。

秘境駅旅をしたいと思うものの、降りたら最後、3時間待たないと次が来ない!、そんなの耐えられらない。周辺を散策出来れば写真を撮って時間を過ごせるが、それが日に何度もとなると無理。決して鉄っちゃんにはなれないだろう。


最近のDiscoverの表示、凄い事になっている、犬猫、野球、音楽、ファッション系のネタばかり。犬猫は見ているだけで癒させるから毎回見ちゃう。だからDiscoverも「こいつ犬猫好きだな!」とどんどんと表示してくれちゃう。反面、カメラネタはほとんど出てこない。意図して排除したつもりはなく、それだけカメラに関する情報を検索していないのだろう。

勿論これは1週間くらいで変化が出てくる。Olympus OM-D E-M1からE-M1markIIにステップアップしたい。最終チェックをしようとE-M1markIIネタばかりを検索するようになればいずれカメラネタが増えてくる。一時期やたらにNikon関連のニュースが表示されたが、確かにD6とD7の検索ばっかりしていた時期があった。

ファッション系のネタ?。半数以上アウトドア、スポーツ系が表示される。アウトドアと言うと庭の雑草刈り、つまり野良作業しかしないのに何故?。ひとつはトレッキングシューズ。この夏、キャラバンの他に街で履けるお洒落なものを買い足そうと調べていた。だから必然的にアウトドア系のネタが増えてくる。そしてもうひとつの要因は・・・。

ワークマンである。このところずっとワークマン関連の情報を漁っているんだ。しかも秋になったから衣料メーカーは秋シーズンに向けての情報を多く発信する。だからその手のレビュー記事が毎日出てくる。それをまた必ず見ちゃい、有用な情報だったら「類似を増やす」、そうセットするから延々とワークマン記事が表示される。この1か月でワークマンの商品に対する知識が半端じゃない程植えつけられた。

こんな事を書いていると「近頃はファッションネタばかりだし、こやつ、カメラ、写真意欲を無くしたんだな」と思われるだろう。でもそうじゃないんだ。

無駄に写真を撮るのを止めた。ただそれだけ。今年の夏は暑かったでしょう?。一昨年辺りから糞暑い中に写真を撮っているのが馬鹿馬鹿しくなったんだ。郊外へ出ればそれなりに楽しめるのだろうが、今年は暑過ぎてそんな意欲すらなかった。年齢のせいにはしたくなくが、10年前はもっと暑さ耐性があったように感じる。

初夏までに幾つかのオールドレンズを買った事もあるが、7月までは涼しかったでしょう?。だからちゃんとお散歩写真を行っていた。よって写真熱が下がった訳じゃない。

下町。浅草や日本橋と言った観光スポットではなく、そこらの住宅街の狭い路地を探索し続ける。暑いから喫茶店へ、そんな避難が出来ない。ウロつく地域に喫茶店なんて見つけられないからだ。せいぜいコンビニを探し出し商品を物色している振りをして体を冷やし、公園の木陰でよっこらしょ。風が吹いていなかったらおしまい。拷問に等しい。それで数年前から真夏に下町をほっつき歩くのを止めた。

「写真仲間を持たない」、この影響は計り知れない。写真仲間がいれば少なくとも月一ではみんなでお散歩写真を・・・、日取りが決まったら嫌でも行かなくちゃならない。行けば行ったで暑くて死にそうになっても仲間との会話も弾み、楽しいに違いないのだが・・・。

フィルム時代はそういうイベントが多々あったが、今は「一人で撮り歩く自由」、これが好き!。最近一人キャンプなるものが流行っているようで、その気持ちが何となく判るんだ。他人と行動するとどうしても制約事項があるでしょう?。一人キャンプだったら腹が減った時に酒をくらい飯を食う。何時間も焚き火を見続けても誰からも文句を言われず、眠くなったら寝る。翌朝も起きたい時に起きる。なんて自由なんだ!。

「孤独が好き」、なんか大人の男って感じがする言葉だが、多分そうじゃない。休みの日くらい自分の意思を100%尊重させたい、そんな疲れた大人の言葉なんだ。仕事でストレスは堪らない方なので疲れた大人ではないが、スナフキンの心境は判る気がする。誰だって吟遊詩人のような生活を送りたい。でもそれが適わないから休日くらいは吟遊詩人になりたい。一人キャンプと一人お散歩写真はイコール。

一人お散歩写真の良いところは一人キャンプと同じく自由度にある。目的地なんてあってないようなものだし、訪れた先を10分歩いてつまらないと感じたら別の場所へ好き勝手に移動出来る。反対に「こりゃ面白い!」と思えば何時間も同じ地域に陣取っても良い。

リハビリを行っている病院、待合室に雑誌があり、「散歩の達人」の板橋区特集を見て、「こりゃ板橋区に行かなくちゃ!」と。タモリじゃないけど「台地の際(きわ)」、つまり土地の高低さ、以前からこれを面白いと思っていて、板橋区にはその「際」が面白い事になっている。今まで知らなかった地域。どうしてもそこに行きたい!。ピンポイントで「こことあそこ!」、そんな具合だから一人お散歩写真じゃないと成り立たない。

また、そろそろ昭和な団地のお散歩写真を再開しようと思っている。夏にも行うつもりだったが上の通り暑過ぎて断念。冬、春と撮っているので今度は夏に近い初秋の団地写真。これも一人お散歩写真じゃないと成し遂げられない。下手したら半日以上団地界隈をウロチョロしているのだから・・・。

あとは晩秋に向けてせっかくトレッキングシューズを新調したので登山とまでは行かないものの、紅葉刈りも含め幾つか里山巡りでもしたいと考えている。何しろ雨の日の舗装路しか歩いていない。早く新品の様をなくしたいから時折河川敷で槌を踏ん付けているだけ。連れには「ビブラムのソールが泣いているぜ!」と呟いていたりするんだ。

もうちょっと涼しくなればお散歩写真は再開され、その手のネタが増えていく。だから写真、カメラ熱が下がったんじゃない。ここが「趣味」と良いところ。暑いから外に出ない!、プロカメラマンとか写真家を生業としている人はそれが出来ない。やる気がない時でも頑張らなくちゃならない。

ファッションネタが増えている理由のひとつに純粋なレビュー記事は書くのが面倒臭いってのもあるのだが、年々来訪者が減っている事、これを危惧している。最盛期は1日1200人を超えていたのに今はその4分の1。それでも300人以上の方が毎日訪れてくれるのだからあり難いと思わなくちゃならない。でももうちょっと、500人まで頑張りたい。

本ブログにいらっしゃる方は同年代の方も多い筈で、共通の内容となるとファッションが一番語り易い気がしており、内容に少し変化を付ける事で、今までこのブログを見た事の無い同年代が来てくれれば・・・、そんな思いがある。今のところ成果はないが、継続、これが大切。だってブログ開設時は1日10人とか20人、これが数ヶ月続いた。でも継続する事でこうやって今がある。

とにかく記事、そして内容を、より一層充実させ、新しい層を確保するしかない。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です



コメント

  1. ピンぼけ小僧 | URL | es1fYYdE

    私は衣料ならユニクロとしまむら、靴はABCマートでほぼ調達しています。
    まあ、品質に問題がなければいいし、価格が安いのだから10年とか長期の耐久性も求めません。
    もちろん山に行くとかになればそれなりのブランドを購入するでしょうが、最近は行く機会もなくその手の商品は購入していません。

    撮影は一人のんびりが一番ですね。
    イベント的撮影会はどうも相性が良くありません、まあ、飲み会が目的のイベントは別ですが。。。。
    オリンパスのOMの新製品が発表がありませんね、新製品が出ないと旧製品の価格下落がないのでBigDaddyさんのE-M1markIIへの更新が遅れますかな。

  2. BigDaddy | URL | -

    > ピンぼけ小僧 さん

    そうなんですよ、ユニクロらの安ブランドでも品質に問題がないんですよね(笑)。また同じようなデザインだったら高いブランド1着よりも色違いを数着選んだ方が着こなす楽しみもあったりするし、衣類の機能以前に体がへこたれるような厳しい環境の地域で撮影なんてしませんもんね(笑)。

    一人じゃなきゃ絶対に嫌だって訳でもないですし、なんだかんだとイベント的撮影の最大の楽しみは情報交換が楽しく、歩きながらの会話や飲み会ですよね。

    Olympus、とにかくE-M5markIIIの全容を知りたいですねぇ。一部の噂ではよくプラスチックが多用されるなんてありましたが、だったら不要ですし、よりカッコ良くなり、発売半年以内に今のE-M1markIIくらいの価格ならデザイン優先ですしね。いずれにせよ来年中には買いますし、結局オリンピック前の中古を含む量販店のセールに期待ってところでしょうか。

  3. Kaz | URL | NSZPX.9E

    内容、さらに充実するんですか!(笑) 僭越ですが、充実しすぎて読みきれないという読者さんもいらっしゃるのではないかと思いますよ・・・。それが良さと感じる読者もおられるでしょうし、私もその一人ですが。

    実は私もかつて日々の雑感のテキストブログをやっていたのですが、たしか1年間で100記事ほど書いてフェードアウトしました(笑) 自分が絶対の自信を込めた記事を書けども書けども、なかなか読んでもらえない。かたや、私からすればありふれたくだらない記事が爆発的に読まれている現実を目の当たりにしたのが結構こたえまして、挫折しました(笑)

    まあでも今にして思えば、結局、己の未熟を棚に上げていただけだと思いますね。数少ない大事な読者を大切にして自分らしい文章を書き続けるということもできたし、どんな理由があれ私の文章にアクセスが増えるだけの魅力がなかったことは事実ですから。でも、ブログから離れて現実世界を生きる、その選択も間違いではなかったと思います。今後気が向いたらまた再開するかも?

    BigDaddyさんも、どうかご自分のペースで、ご自分らしくやっていただければと思います(笑)

  4. BigDaddy | URL | -

    > Kaz さん

    今の若い世代の時間の概念ってある人曰く、15分と言う区切りがあるようで(いわば限界時間)。だからおおよそ1時間枠のテレビよりもYouTubeが流行るんだそうです。そんな人はうちのブログは読んで貰えないでしょうね。文章を短くしようと思えば簡単に出来るんです。ネタを小出しして行けば良いだけですからね。ただそれをやると結局記事数が今の倍になるだけでもあります。

    何度か「文章が長いからもうちょっと短くした方が万人が見るよ」なる助言は頂いているんですが、「短い文章しか読めない脳味噌の足りない奴はそもそも自分の世界には不要じゃ!」って事ですね(笑)。

    ブログは営業力ですよ。最初のうちは中身は関係ないです。fc2ブログなら足跡と言うシステムがあるので、片っ端から足跡を付ければ相手が勝手に来てくれます。私も当初はそれをやっていました。so-netとかだと拍手と言う機能が「誰が拍手をしたか」が判るようになっていて、いわゆるお互いに拍手し合うシステム、拍手営業をするしかないと思います。

    ある程度訪問者が来てくれる、そこからがコンテンツの勝負となるんだと思います。うちは運良く、マイノリティなPentaxユーザーから支持されていました。マイノリティは必ず自分の仲間を探すんですよ(笑)。それで一気に1日1200人とか行く訳です。しかしPentaxの悪口を言い、今はPentaxを使っていない訳で、Pentaxユーザーが訪問しなくなり、それで500人くらいは減りましたよね。でもそれはしょうがないです。

    写真、カメラだけでモノを語ろうとしたら毎週のようにお散歩写真や旅行に行き、常に何か新しいものを買っていないと100%無理で、結果ネタも尽き週一更新とかになっちゃうので、多少の方向転換が必要になりました。でもそれで新たな方がいらして下されば良いし、今いらっしゃっている300人の方も楽しめるコンテンツ、それを考えながら頑張るしかないですねぇ。お気遣いありがとうございます。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


最新記事