にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です

嗚呼、無情、Lumix GX7が・・・

2018年11月21日 00:00

2011年7月30日以降列車は走っていない

2011年7月30日以降列車は走っていない


Lumix GX7, G14-45mmF3.5-5.6


夏にSony α7IIを買ってから主にα7IIを使い、比較としてα6000やOlympus E-M1を持ち出したりして、ふと思えば3ヶ月以上もLumix GX7に触っていなかった。だから久し振りにGX7だけでお散歩写真をしようと思ったら・・・。

電源を入れても背面の液晶が真っ暗なまま。なんだ?、液晶表示をオフにしているのか?、いや、そんな事は無いよね。レンズを装着し、EVFを覗くとちゃんと目の前の風景が表示されるし、Menuボタンを押せばちゃんとメニューも表示される。

こういう時はバッテリーを抜き差しするに限る。再度電源をオン!。ああ、良かった、ちゃんと背面液晶に設定情報が表示されるようになった。

ところがである。タッチパネルが全く言う事を聞かない。機能をオフにしているのか?、EVFでメニューを実ながら確認、いや、オンになっている。なんじゃいな?。何度か少し強めにパネルをトントンしていたらようやくタッチパネルが反応してくれた。

バッテリーがおかしいのかな?、他のバッテリーに変えようと電源をオフにしたらオンのまま。この時点でやばいと思った。

その後、5つあるバッテリー(純正2本、パチモン3本)を抜き差しし、色々とやってみたが、数分後、再び背面液晶が点灯しなくなった。電源をオンにした瞬間、ほんのわずかに明るくなるのだが、それ以上うんともすんとも・・・。

これは液晶だけが壊れているだけではなく、本体の基盤そのものが逝かれちゃった可能性が高い。Lumixのサービスセンターが秋葉原にあるので近々修理見積もりをお願いするつもりであるが・・・。

現在、GX7の中古流通価格は1.8~2.5万円、普通に考えれば修理費用が1.5万円程度ならばカメラそのものの機能に大きな不満も無く直すべきだろう。また故障箇所以外の点検を含めての金額となるので、海の物とも山の物ともつかない最安値の中古1.8万GX7を手にするよりも安心を得られるからだ。

しかしそれは今後もずっとGX7を中心に使い続ける、これが前提になっているのだが、今では旅には防塵防滴のあるE-M1に任せる事が多いし、お散歩写真では当分の間はオールドレンズの母艦としてα7IIの使用頻度が増すだろう。軽い装備を求めるのならα6000がある。

GX7じゃなくちゃ駄目、GX7じゃないと撮れない風景なんて存在しない訳で、仮に1.5万円以内で済んだとしてもわざわざ直す意味があるのか?。この際だからカメラを1台減らしても良いんじゃないか?、そんな思考にもなる。

それにしても頻繁に使っていて壊れるのなら判る。そうじゃなく放置していての故障だから残念に思う。物にも感情があると良く言われ、このところα7IIとE-M1ばかりを使っていたからへそを曲げたのか?。

そうだとしたらその程度でへそを曲げるカメラなんて要らない。確かに3ヶ月無視していた。しかし本ブログでもメインカメラはGX7である!、と公言、お散歩写真での稼働率も高い。それでも拗ねるのなら喜んで捨ててやる。ほとんど使っていないOlympus E-P3だって今もちゃんと正常に動作するのだから・・・。

GX7markIIに買い換えるつもりは無い。ボディ内手ブレ補正が強化されたり、電子先幕シャッターにより微ブレを防げたりと進化した部分がある反面、メカシャッターの最高が1/4000秒にスペックダウン、チルト式のEVFも固定式になってしまった。そして写真そのものを決定付けるセンサーに違いはない。画像処理エンジンは進化したようだが、RAW現像をする私には無関係。

魅力的なのはGX7markIIIやOlympus PEN-F。使い勝手でGX7markIII、見た目のデザインでPEN-F、画素数も2000万画素にスペックアップし、どちらも私には好都合で、直ちに欲しいカメラと言っても良い。しかし両機種とも現行モデルで中古を手に入れるとしてもまだまだ割高感がある。

当分はGX7抜きで現有戦力で写真を撮るのがケチな私には最適なのだろう。

本ブログの右上に所有機材と今まで使ってきたカメラを記述している。

レンズ交換式カメラだとPentax K-5の一号機は故障と言うよりも無理な内部改造を行ったので(露出オーバーの傾向を無くす為に制御機能をいじくった)、電気を食うようになりバッテリーライフが著しく短くなり基盤交換したのと、K-5二号機はシャッターボタン周りの接触不良だかで部品交換している(いずれも無償)。

レンズ交換式カメラでも壊れる時は壊れる、当たり前なのだが、毎日のようにガンガンとシャッター切っていたり、反対に1~2年電源を入れていなかったのならまだ判る。しかしたった3ヶ月の放置プレイでどうして壊れるかなぁ~、とっても解せない。そんな兆しは一切無かった訳で・・・。

新品ではなかったものの、まだ買って3年も経っていない。早世だったねぇ~。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です



コメント

  1. tsunomagari | URL | -

    GX7逝っちゃったんですね。
    背面液晶はOFF、ほぼEVFのみの使用ですが、以前から私のGX7も時折電源が入らないことがあり、基盤が弱いんでしょう。
    家電とはいえ堅牢性は大事ですよね。
    カメラじゃありませんが、うちの電子レンジは20年くらい動いてますよ。

    カメラを女性に例えると笑えないですね。
    いくらお前が一番だよって言っていても、3ヶ月も放置されて、他の女とイチャイチャしてたとバレたらねぇ(笑)
    私も気をつけます。

  2. BigDaddy | URL | -

    > tsunomagari さん

    はい、逝っちゃいました。

    一度こういうのを経験しちゃうと同じモデルや、その後継機種を欲しいとは思わなくなっちゃうんですよね。そしてたった今、Lumixのサービスに問い合わせたところ液晶ユニット交換で25000円!。今って単なる接触不良だったとしてもユニット交換なんですよね。うん、処分決定ですね、トホホ・・・。

    カメラを女性にたとえたらホント、エライコッチャですよね。ただ、カメラは数台使うのが今は当たり前ですから、女性にたとえるのなら「一夫多妻制」、そう考えるべきで、3ヶ月の放置如きでヘソを曲げて貰っちゃ困るかなぁ(笑)。

  3. 配線外れかも?

    BigDaddyさん、いつも色々と貴殿の記事を参考にさせて頂いています。
    この度は、事故に遭われたそうですが、心よりお見舞い申し上げます。
    一日も早い怪我のご回復を、お祈り申し上げます。

    さて、今回はGX7の故障だそうですが、LUMIXの故障で有名なものでは、GHシリーズとGシリーズのバリアングル・モニタのガタツキがありますが、ひょっとすると貴殿のGX7は、タッチパネルの状態や液晶パネルが表示されなくなった様子から、単に内部のフレキシブル配線がコネクタから外れただけも様な気も致します。

    当方、かつてG5を所有していた際にバリアングル・モニタががたつき、修理には出さず自力で直した経験があるのですが、その際に重宝したのが海外のサイトにあったサービスマニュアルで、分解方法を見て作業を行えば問題なく修理が可能で、G5も30分程で修理完了しましたが、何故ここのネジが緩むのか?...というほど、考えられない故障でした。

    また、中古で購入したGX7Mk7IIのファインダー内部に結構大きなホコリが入り込んでいたため、これも修理には出さずにサービスマニュアルを見ながら自力で分解し、掃除してスッキリとさせました。

    これらの不具合を、もしパナソニックに修理として持ち込めば、相当のボッタクリ修理料金を取られたのは間違いないだけか、その後コンパクト・デジカメを修理に出した際には、いい加減な状態で戻ってきたために即手放したほどで、お蔭様でその後は「パナの製品は壊れたらそれまで」、修理に出そうという考えは無くなりました。

    それはともかく、修理は断念されたということですが、余計なお世話ながら、廃棄処分にする前にダメで元々、自己修理を試しては如何でしょうか。GX7のサービスマニュアルは以下のURLから入手可能で、このマニュアルの9.1.3.1の項目から、本体開筐の手順が掲載されています。
    https://elektrotanya.com/panasonic_dmc-gx7kp_kpc_keg_kgn_xxx_digital_camera.pdf/download.html

    もちろん、メーカーに出さずに開筐修理する事は自己責任と言う事になりますが、捨てるつもりでしたら、取り敢えず内部の状態を確認してからでも遅くは無いと思うので、単にモニタの配線が外れかけているだけで、それを差し込み直して元の様に作動すれば儲けもの。また、そうではなければ、それはそれで諦めがつくというもので、宜しければチャレンジしてみて下さい。

    ちなみに、液晶ユニット交換で25,000円は、恐らく製造番号だけを付け替えて新品にすり変えるためでしょう。オリンパスならば、基盤代5,000円+工賃程度でしょうけど、Lumixは(特にレンズを)修理に出すと、製造番号を張り替えて新品に「すり替える」のは、有名です。これでは、愛着が沸きにくいですね。

    では。

  4. BigDaddy | URL | -

    > 彷徨えるデジカメ・ユーザー さん

    事故の件、お気遣いありがとうございます。

    Lumixのサポートにも配線外れだけの可能性は?、と尋ねていたのですが、そう言った事例はほとんどなく、可能性は低いとの事でした。

    当然開けてみたら判るそうなんですが、Lumixって修理見積もりだけで金を取るんですよね。これは言い換えると修理キャンセル料で千円となるみたいです。窓口(秋葉原)へ行く交通費などを考えると、配線だけなら修理金額も安価なのでそのままお願いするのですが、液晶交換だとなると、修理はしない、イコール修理キャンセル扱いとなり、見積もり料1000円+交通費が無駄になり、これはユーザーとしてかなり馬鹿馬鹿しいんですよね(笑)。

    でももし配線だけならば、仰るように駄目もとで分解してその部分だけチェックすれば良いですもんね。PDFをダウンロードし、9.1.3.1を見た限り、順番にネジを外せば裏が開きそうで、FP9301、FP9005辺りが液晶関連なんですかねぇ、この辺を確認する努力だけはしてみようかと。

    いやぁ、有用な情報ありがとうございました。

    ひとまず、来年発売予定のLumix S1、一気に興味が失せましたね。レリーズボタン、シャッター、ダイヤル周り、そう言った頻繁に使用し、メカが主なところの故障なら「使っていたら壊れるだろう」と直す気にもなるのですが、電子部品、基盤と言ったユニット化されている部分が逝かれちゃうと、今回のように25000円~、なんて言われる訳で、G、GHシリーズでもモニタ関連が弱いとお聞きして、そうなると新製品でも恐ろしくて買えませんよね。

  5. 修理対応はあまり良くない様で...

    とある写真家さんも、レンズの修理を前提で見積もりを...と尋ねたら、見積もり料金を取られると聞いてビックリされたそうですが、この辺はあまり高額だと断る人が多いのでしょうか、さすがこんな所でも儲けようとする大阪の家電メーカー(笑)。しかしその裏を返せば、それだけ修理料金が高くて断る人が多いのでしょう。

    当方が昨年購入した新品コンデジ、しかし最初からレンズ内には画像に写り込むゴミが入っていたので、秋葉原のSSに持ち込めば「即日修理を承ります」とLUMIXのサイト上に掲載されていたので、わざわざ秋葉原まで行ったものの、「本日は該当機種のパーツが無いので...」と言われ、結局修理後に郵送してもらうことになってしまいましたが、何故に「即日修理を承ります」と謳っていたのか疑問に感じてしまっただけでなく、おかげで時間と交通費が無駄になってしまいました。

    結局このコンデジ、修理から戻ってきたら今度は異音が発生したので再修理、それが戻ってきたと思ったら、またレンズ内にゴミが...という状態で、もはや「まともに直して返してくれる技術が無いから、修理に出しても無駄」と悟り、もし現在所有しているGX7Mk2とG8やレンズが故障したら、さっさとOLYMPUSに乗り換えるつもりです。

    もっとも、工業製品ゆえにOLYMPUSもそこそこ当たり外れはありそうで、唾をつけている状態である貴殿所有と同じ機種のE-M1は、リア・ダイアルの空回り現象が発生するとか言われているので、取り敢えずは一番故障率の低そうなE-M5 Mk2にしようかと思っていますが、貴殿の機材にはトラブルは出ていませんでしょうか。

    LUMIXのフルサイズ機、せっかくのミラーレスなのにあの大柄ボディでは本末転倒、それくらい大きいのだったら(買う予定はありませんが)同等の大きさで、もっと信頼できるメーカー製の一眼レフを選択しますが、どうも「儲けの出せそうな高価路線」に転向してしまった様に見受けられるLUMIX、当方はこれ以上は中古でも入手しない予定です。

    ちなみに、最近のGH/G機のバリアングル・モニタのガタツキはそれほど見受けられない模様ですが、酷使するといずれ同様のトラブルが起きる可能性はあり、GX7もたしか初代E-M5と同様に、モニタ下部のネジ穴からヒビが生じるトラブルがありましたので、やはりモニタ関連は弱いのではないでしょうか。初代E-M5は、保障が切れていても無償修理対応してくれただけでもマシですが...。

  6. ピンぼけ小僧 | URL | es1fYYdE

    昔はカメラ屋さんが保証書の日付を記入しなくて保証期間が伸びたって話はいっぱいありました。
    大体カメラが故障したら購入したカメラ屋さんに持って行くが当たり前で、カメラを修理の為にメーカー持ち込みなんか無い良い時代もありました。
    内部のフレキシブル配線がコネクタから外れたはNikonのD70でよく出るエラーでこれは底板を外して刺し直しで完了のようにGX7でもできれはいいですね。
    所有するカメラで機械の故障でなく外装ラバーが剥がれたり(GXR)、ラバーがベトベトになる(D70)というのもあります。GXRだと張替えが8000円くらいだったような。。。
    GXRのレンズユニットP10が壊れましたが、これは10年近く使用しているので寿命と諦めがつきます。GXRのレンズユニット、知り合いとかよく読むブログの人とか壊れてます。そして修理は部品枯渇でできないようです。

  7. いやはや | URL | -

    最近のメーカーの保障体制に附いては小売業に携わる立場としてはある程度理解しているんですが、
    GX7に附いては以前にUSERだったこともあり複雑です。
    同時期に購入したGM1は登山に海釣りという、
    カメラにとって”最悪”の使用条件に平均で月一度は晒されていたにも関わらず未だ現役です。
    (新品購入ですが丸4年経過します)
    同じm3/4でもPanaは個人的に操作性という一点でOlympusの機種をはるかに上回る評価をしている為、
    私としては今後もPanaを選択すると思います。

  8. あっちゃん | URL | rbj6yZGk

    暫くぶりに使ってみたら動かなかった。って言う故障はありますよね。
    機械物の方が発症率は高いのでしょうけど。

    最近だとリコーPXと言う防水コンデジが起動はする物の撮像素子が死んでいる感じになりました。(笑)
    防水コンデジは年に数度使うことが有るので、ほぼ最安の富士XP130に買い換え。

    レンズ交換式カメラでの故障はほぼありません。
    PENTAX Krはシャッターの接触不良があったかな。
    K-3IIはメニューのバグが有りましたけど通常撮影では問題は無く使えておりました。

  9. BigDaddy | URL | -

    > 彷徨えるデジカメ・ユーザー さん

    今現在はどうか判りませんが、以前Pentax、Olympusでは点検、修理見積もりは無料でしたし、Sonyは先日、AF故障の疑いあり、そこで点検、故障であれば見積もりをとお願いし、やはり見積もり料は取られませんでした。Canon、Nikonがどういった体制か知りませんが、Lumixには見積もりと言う制度がなく、修理前提での見積もりしかしない、修理をしなかったら見積もりは手数料として金銭が発生する、この方式は不快以外のなにものでもないですね。

    ただ、少し前に記事にも書いたのですが、近頃、PentaxとOlympus以外はどのメーカーもセンサークリーニングを高値設定、もしくは実質値上げしており、今後は修理メンテには今以上にお金が掛かる、そう思って良いのでしょうね。

    Olympus、うちのE-P3、E-M5markII、E-M1は今のところなんの問題もなんです。E-M5markIIは新品で購入し、今月でちょうど2年です。E-M1は中古で購入し、裏メニューで確認したところ2014年製、その割にはシャッターを切った回数が確か数千枚だったでしょうか?、恐らく一度基盤、もしくはシャッターユニットが交換されてリセットされたんじゃないでしょうかね。

    但し、仰る通り当たり外れはあるでしょうね。E-M5markIIはバリアングルモニターのヒンジ部分が壊れたなる話も何度か見ましたし。使っているうちにねじが緩んできて云々で、時々増し締めしていれば問題ないなんてレビューもどこかで見た記憶があります。

    うちでは余程のローアングル、ハイアングルでない限り、モニターを動かさないのと、動かす時は力を入れずに優しく扱っているので壊れる確率は物凄い低いと思います。まぁそれでもGX7は壊れたんですけどね(笑)。と言うよりもGX7でモニターを動かした記憶、全くないです!。E-M5markIIは恐らく来年、markIIIになるでしょうから、それを待っても良いかとは思います。

    LumixのS1系、何故PanasonicはGX8の失敗を何度も繰り返そうとするのでしょうね(笑)。G9 Proも大きいですし・・・。まぁS1系はどうやらプロ機になるようでα7IIIよりも高い金額設定で出てくるようなので、どのみちすぐに買えるようなものでもなく3年後くらいにどの程度ユーザーに支持されているか、それを見守るのが良いのかなと思っています。

  10. BigDaddy | URL | -

    > ピンぼけ小僧 さん

    フィルム時代、保証書がないと云々、フジヤカメラがこれについてかなり煩かったですね。EOS-1の標準バッテリーグリップが壊れて保証期間を1ヶ月くらい過ぎてしまったんですね。どんな交渉をしても駄目でしたねぇ。1万5千円くらい掛かったのを覚えていますよ。

    GX7、精密機械用のねじ回しを持っていないのでDIYショップで購入してからの作業になりますが、まぁ駄目もとで分解してみます。駄目だったらしょ~がない、四谷のあの店でジャンクとして物々交換用になるでしょう。液晶が表示しないだけで写真は撮れますからね(笑)。

    ラバーベトベトで思い出しました。何年か前、知り合いからフィルムカメラのNikno F100を50mmF1.8付きかな?、それで1万
    円で買わないかと話を持ちかけられて現物を見たらラバーがベトベトでして「うーん、これじゃぁちょっと・・・」と断ったんですよ。

    GXRはレンズユニットがひとつのコンデジですもんね。コンデジは5年使えたら万歳三唱でしょうから、10年ならば良い意味で想定外の働きをしてくれたと思うしかないでしょうか。

  11. BigDaddy | URL | -

    > いやはや さん

    カメラだけでなく家電全般がユニット交換と言う修理モデルなんですよね。冷蔵庫が壊れた時、配線不良と言われ、どこかの配線を直せば使えるのに、ユニット交換で数万を要求され(これもPanasonicなんですよ(笑))、結局冷蔵庫を買い換えるしかなかったです。日本はもう「もったいない精神」なんて多分ないですよ。昔のように修理の達人がいなくなった、メーカーがその手の部門の教育に熱心ではないのも事実なのでしょうけどね。

    結局、カメラが壊れる、壊れない、これはメーカーとかカメラの個体差云々ではなく、カメラを買った人の運命で決まると思うしかないですねぇ(笑)。私は今まで運が良かった方ですが、今後どうなるか・・・。

  12. BigDaddy | URL | -

    > あっちゃん さん

    GX7がこうなったのでうちにあるカメラ、レンズを全部、動作チェックしたんですよ。E-P3は半年以上使っていないですしE-P3専用にしていた14-42mmはいつ使ったかも覚えていません。コンデジに至っては2年以上放置しているのもありましたが、全部問題なく動きました。ですから暫くぶりと言ってもGX7はたったの3ヶ月ですからねぇ(笑)。壊れる兆候も全くなかったですし解せないですよ~。

    当時のPentaxはもしかするとレリーズ回りが弱かったのかもしれませんね。連れが利用していたK-5二号機はシャッターボタンを垂直に押せば切れるんですが、少しでも斜めに押し込むとシャッターが切れない現象でしたし、実は一号機もその兆候があったんですが、私は常に垂直に押し込むので気にならず、放置していました(笑)。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)