にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です

本当は誰もが小さく軽く適正価格のレンズを求めているんじゃないの?

2018年10月18日 00:00

下町スナップ

下町スナップ


Sony α7II, FE28-70mmF3.5-5.6


50mmレンズはもはや標準レンズではない

上の記事と類似する内容となり、冗長であろうと感じるものの、しつこい程書くべきだと感じている。

先に結論を述べると今のレンズは「高い!、高過ぎる!」である。

50mmF1.4と言うスペックのレンズがかつての85mmF1.4とほぼ同じ扱いになってしまった。何故だろう?。

ひとつにフィルム時代と今のデジタル時代の違いが挙げられる。

MFカメラ全盛の時代はズームレンズがまだ普及し切れてなく、標準レンズと言えば50mmレンズであり、50mmF1.4がキットレンズになっていた。だから個数を裁け、薄利多売で性能が良くても安価で提供出来た。

しかしフィルム時代もAFが標準となり、そして今のデジタル時代、標準レンズは広角から中望遠までを担うズームレンズが担当するようになった。恐らく50mmレンズをキットレンズにしているメーカーはひとつもないのではなかろうか?。

薄利多売が出来ず、また貨幣価値も変化しているので1980年代の価格と比較すると高価になるのは仕方が無いし、色々と進化しているのは事実だろう。ナノテクノロジー、防塵防滴、そして画質の向上・・・。しかし、それで倍、物によってはそれ以上、そんな価格にまで跳ね上がるものなのか?。

APS-Cが普及していたのも理由かもしれない。50mmレンズは中望遠レンズになり、多くのカメラマンはかつての85mmレンズの代用として使っていた。ここにメーカーが目を付けちゃったのだろう。今のうちに85mmレンズと同じ価値にしちまえ!。

単焦点レンズ使用者が減っているのは事実で、普及用としてズームレンズを、単焦点レンズは嗜好品扱い、ならば制限なく優秀なレンズを造ってみたい、そんなメーカーの意思は尊重したいものの・・・。

Sony EマウントのZeissブランド、Sonnar 55mmF1.8、スペックを見ればたかが55mmF1.8、しかもPlanarではなくフィルム時代は安いイメージのあったSonnarタイプのレンズで8万円を越えていた。そして何故50mmF1.8じゃなくて55mmにしたのか?。SonyはAPS-Cシステムも持っているからそれでより85mmと言う焦点距離に近付けたかっただけなんじゃないかと思っている。だったらZeissブランドだから3万円はボッタクリ上乗せ、しょ~がねぇか?。

※実際には「50」と言う数字をPlanar用に残したかっただけだったんだな

そして3年前、運良くSonyからこのレンズを借りられ仰天した。

「α7で使っても絞り開放でも周辺部までカリカリしておる!」

確かに値段に見合う価値だったかもしれない。ところがPentaxから出てきたDFA50mmF1.4、これが「えっ?、85mmF1.4の間違いじゃないんですか?」なるプライスで発売された。TamronのOEMで悪質転売したんじゃなくPentax独自の設計でこのお値段。ありえねぇ!。

防塵防滴、画質も世界に誇れるものだから高い?、いやいや、そんな事はねぇだろっ!。Ricohさん、Pentaxブランドはもはや一流ではなく、二流のFujfilmやOlympusに抜かされて三流だぜ!?。

「ちょっとあんた達勘違いしちゃったんじゃないの!?。馬鹿だねぇ、だからメーカーとしてヤバイんだよ!」

と思ったらSigmaの50mmF1.4artが10万円だったり、Tokinaのopera 50mmF1.4も10万越え(これはPentaxの特許を利用しているレンズ)。さらにたまげたのがNikonの新しいミラーレス用の50mmレンズ。50mmF1.4よりもワンランク落ちるF1.8モデルで7万円だって!。F1.8ってF1.4と2/3段だから限りなくF2に近いレンズ、それがフィルム時代の85mmF1.8よりも高価なのか?。もう失神しそうだ。

Canonは先に50mmF1.2を出し、数年後に50mmF1.4を飛ばして50mmF1.8クラスが出てくるだろうが、これが撒き餌になるのか、Nikonと同じくボッタクリ商品となるのか不明だが多分高いんじゃないかな。また来春発売予定のPanasonicの50mmF1.4、写真を見る限り馬鹿でかく、しかもインタビューにて最高級に仕上げるそうで、となると10万オーバーだろう。

「等倍で隅々までチェックする見るユーザーがいたからこうなったんだよ!」

ごもっとも。しかしユーザーは4000万画素オーバーの高画素センサーをいつ望んだ?。135センサーでも2400万画素程度なら等倍でチェックしても絞り開放は別にしてうん十年前のオールドレンズでもそこそこ解像しているんだ。

一部の高画素信奉者、そして絞り開放からカリカリするべきなんて言っているアホども、さらには国だかNHKだかの悪巧みである急ぎ過ぎる8K推進。こいつらのせいで50mmF1.4がかつての85mmF1.4と同じ扱いになってしまった。誰もが手軽に利用出来た50mmレンズがそうじゃなくなっちまった。これを左記以外の大半のユーザーは納得しちゃダメ!。

そうなるとSonyを見直しちゃう。SonyのZeissブランドやGシリーズだっけか?、それらが高いのはしょ~がない。しかしちゃんと庶民の為のレンズも出している。以前も述べたFE28mmF2、FE50mmF1.8、FE85mmF1.8の3本である。この3本なら誰でも買えるし、少なくとも2400万画素センサーのカメラならば十分に納得出来る画質を持っている。今後安価な135mmF3.5なんてのも出てくるんじゃなかろうか?。

これをNikon、Canon、Panasnonic、Sigmaがやってくれるのか?。我々はここに注目するべきだ。ボディはもはや使い捨ての時代。多少性能が劣っていたり、使い勝手が悪くても運用でカバー出来る限り我慢出来る。3年毎に買い換えれば良いのだから。でもレンズは資産であり、庶民はこういうレンズをちゃんとラインナップしてくれるメーカーを選択するべきだ。そしてそうじゃないメーカーには強くノーを叩きつけなければいけない。

気になるのはNikonとCanon。一眼レフ用のレンズ、これらを今まで通り販売してくれるのか否か。私自身はデザインが糞でしかないSonyと心中する気は毛頭なく、またボッタクリしているNikon、Canon、そしてもしPanasonicが間違った方向性に行ってしまったらこれらのミラーレス用レンズは決して買わない。

NikonとCanonが今後も一眼レフ用レンズを扱い、性能や使い勝手が及第レベルであれば純正のマウントアダプターを手にしてそちらに流れても全く構わない。しかし今現在、どうなるかは不明。どのメーカーの動向も東京オリンピックの年を迎えないと決まらないからだ。

結果、135センサー搭載カメラはどこのメーカーのボディを買おうが、オールドレンズの母艦として使うしか術は無い、そんな結論に至る。

と言うよりも135センサーの利点は大きなボケを作れるだけ、それしかないんだ。だから絞り開放で四隅までカリカリしているレンズの必要性は皆無だし、MFレンズで動体撮影云々なんて意味が無い。

今はSony α7IIを買ったばかりなので頻繁に持ち出しているが、あくまでもメインシステムはm4/3。だからこそOlympusとPanasonicのm4/3システム、そしてAPS-CのFujifilmに期待をしている。

我々は10万円もする50mmレンズにノーを叩きつける他に135センサー搭載カメラシステムを主流にし、それを高級路線に仕立て上げようとしているメーカー達にもノーを言えなくちゃいけない。

もしPanasonicが勘違いをしてSonyよりも高級路線に走ったら「家電メーカーが何を勘違いしているんだ!?」と罵声を浴びせるべきだし、NikonユーザーならZ6、Z7、CanonユーザーならEOS R、これらを「様子見」と言う大義名分で買わない選択をしなくちゃいけない。当然Sonyには「糞デザインをなんとかせぇ!」と怒りをぶつける必要もある。

カメラメーカーだけでなくSigma、Tamron、Tokina、Cosinaと言ったレンズメーカーにも懸念がある。どこも高級路線を敷いている。ホントにそれで良いのだろうか?。

今の時代、安かろう、悪かろう商品は流行らないが、それでもそろそろユーザーも、、、

「どのメーカーのどのレンズも一緒」
「もはやカメラメーカー、レンズメーカーのブランドに拘る必要も無い」

これに気付き始めていると思うんだ。設計が異なるのだから同じ描写にはなる筈はないが、以前にも述べた通り、すでにレンズの描写戦争は人間の目では理解出来ないところで戦っていて、結果、どのメーカーも一緒なんだ。

インターネット上でレビューを装った企業PR用の機材記事が出る。担当したカメラマンが「このレンズじゃないとこの風景は撮れなかった」なんて言ったりするのもある。そういうカメラマンは「機材に頼った才能のない可哀想な人」と思わなくちゃならない。勿論、彼らだって生活があるのでメーカーが望む文体にしなくちゃならないのは判るが、メーカーに依存したカメラマンってのは所詮その程度の実力しかないのでしょう?。そんなカメラマンが何を言っても説得力はない。

そんな人達はもう淘汰されても良いのではなかろうか?。ユーザーに嘘吐くカメラマンだぜ?。今の時代、レビューするのはカメラマンじゃなくてもいいんだ。写真がちょっと得意で文章の上手い出版社の編集者に任せておけば良い。数字で性能を測るのだってDxOとかの海外の専門サイトに任せていれば良い。いずれによせプロカメラマンが書こうが出版社のサラリーマンが書こうが日本の場合、メーカーに配慮するばかり、レビュー内容は同じになる。

レンズメーカーのレンズは今では純正レンズと同じような値段で売られている。私はPentaxカメラとSigmaレンズの相性で悩んだ口で、同じ値段ならば素直に純正レンズを使うし、Sonyに限っては上述の通り、レンズメーカーのレンズよりも安価で手に入れられる。ブランドのステータスも全く気にならず、わざわざ高価な非純正レンズを使う意味が全く無い。

「安かろう悪かろう」も嫌だけど「高かろう良かろう」だって敬遠する、きっと今後そういうカメラマンが増えてくる筈だ。家電や車は「安かろう悪かろう」、「高かろう良かろう」の他に「安かろうそこそこ良かろう」もあるでしょう?。

m4/3用レンズにはそういうのが非常に多い。手持ちのレンズではOlympusの12-50mmF3-5.6.3を除けば単焦点、ズームレンズともにどれも「安かろうそこそこ良かろう」ばかりだ。SigmaにはDNレンズとしてm4/3、APS-C用として類似する「安かろうそこそこ良かろう」なレンズが存在するが、これを本当は135センサー用レンズでもやって欲しかった。しかしLeica Lマウントを造るらしいので恐らくその路線はないだろう。

今、ユーザーが求めているのは「大きく重く高価な良いレンズ」ではなく「小さく軽く適正価格でそこそこ写るレンズ」なのではなかろうか?。135センサー用ミラーレス用レンズでそれをラインナップしているのはSonyしかない、この現実は頂けない。レンズメーカーも考えなくちゃならない時期に来ていると思う。今のままだといずれユーザーはそっぽを向く。

そんなシステムをメインで使おうなんてちっとも思わない。今は135センサーバブルだからカメラメーカーもレンズメーカーも売れる時に高く売りつけたいから安いレンズなんてシステムが充実しているSonyを除けばほとんど出てこないだろう。だからこそm4/3、APS-Cが今後も規格として頑張らなくちゃいけない。そうじゃないといずれ中華製のレンズに全メーカーが負けるよ!。

そして思う。APS-CのEOS-Mシリーズを入門用であると明言し、EOS R用レンズがAPS-CのEOS-Mと互換性を無視したCanon、最低なメーカーだ!。

本日の写真、安価なFE28-70mmF3.5-5.6で撮影している。この手の周辺部もしっかりして欲しい建物写真でも問題なく使用している。

このレンズ、4000万画素オーバーのα7R系だと微妙な描写になってしまうらしいが、2400万画素のα7系で使う分には全く問題なく使用出来る。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です



コメント

  1. 神田平次 | URL | 23tr8otU

    学識経験者って何なんの、NHKさんよ!

    プロカメラマン・プロレーサー...何故かカメラとクルマ好きはプロに弱いですね。しばらく買わないうちにサードパーティ製の50mmは物凄く高くなっちゃってあれじゃ防湿庫の主ですな。

  2. ハッセルぶらっと | URL | b/3v8zPU

    先日、息子と外食をした後で、大型カメラ店に寄りました。
    ある棚にコンパクトなカメラが置いてあり、APS-Cで2424万画素。
    ちょこっと触っただけで欲しくなりましたがコンデジで6万強はねー!。
    一時は諦めましたが、帰りの電車内で息子がスマホで中古を探してくれました。箱付きで新品同様・しかも4万ちょっとだったのでポチ!してもらいました。レンズの繰り出しは2ミリほどしか出ず、デジタルズームで28・35・50に切り替えができるのでストリートフォト専用にしたいと思っています。

  3. OsakaNostalgia | URL | 6DhLHxds

    いかに高級レンズでも

    どんなに高級なレンズを使おうと、良い被写体・ドーデモ良い被写体ともどもそれぞれ確かにクリアに美しく写るのですが、結局そこまでなんですよね。
    極端な話ライカのノクティルクスでも同様なわけで、被写体すら変容させる魔法の水晶玉ではないんですよね。
    だから、高級レンズを使っても知らず知らず現像ソフトで盛ってしまう作例が多いわけです。
    なんだかなあ...と思います。
    今やISO3200まで普通に撮れるほど機器は進化しているわけですから、できるだけコンパクトで撮影機会を増やしやすいシステムの方が、結局写真生活は楽しいのではないかと思います。その辺り、マイクロ・フォーサーズはええとこ突いてるなと思います。

  4. マサカネ | URL | G2f.Jh/s

    135センサーバブル

    BigDaddyさん、旨いこと言いましたね! たしかにバブル期到来(笑)

    『135センサー搭載カメラシステムを主流にし、それを高級路線に仕立て上げようとしているメーカー達』
    これ戦犯は私らユーザーなんですよね。きっと(泣)
    以前コメントでも書きました「フルサイズ以外はカメラとは言えない」人が結構多い見たいで、つい先日ビアバーで近い席に座った若いサラリーマン風の3人も口を揃えてそんなこと言ってましたね。(意外だったのはミラーレスに対する好意的な意見が多かったこと(笑))

    ZもRも予約好調らしいじゃないですか?! 技術革新とか、ミラーレスの時代が来るため(個人的にはとっくに来てる)にはある程度売れて、ユーザーからメーカーに色々ダメ出ししないと行けないとは思うのですが、あれらがバカ売れされても困るんですよね。悪しき前例とでも言いましょうか。

    性能に対するお値段が見合ってないというか・・・。とにかく高すぎます。
    α7IIだって、今の価格水準なら納得出来ますけど(使ってみて余計にこの価格ならって感じです)。
    デジカメinfoで高過ぎる!って、批判的なコメント書いたら反映されませんでしたし(爆笑)

    「フルサイズなら高いのは当たり前」なんてどうしてそうなるのか;
    ユーザーがそれを納得して文句も言わずに買うからなんですよね;
    あのサイトのコメント欄見てると(価格コム等もそうですが)、メーカーの回し者かと思うほど「この性能ならこの値段は納得」みたいな意見多くて萎えますね。ほんまかいな。

    あとレンズ。どれもこれもアホかと言うお値段・・・;
    SIGMAの30mm F2.8 DN(m4/3)なんて2014年当時1.6万円弱のバーゲンプライス!
    写りも気に入っており使う機会も多いです。ただ、フルサイズ換算60mmという焦点距離、画角がちょっとムズカシイ(笑)
    50mmなら好きな焦点距離、画角なんですが。

    α7II。私はMC-11使用前提でEFレンズを揃える予定です。
    あとはやっぱりオールドレンズですかねぇ〜♪
    はやく単焦点の明るめのレンズで撮ってみたいです👍

  5. tsunomagari | URL | -

    トップ写真、濡れた感じでしっとりしてて、いい雰囲気ですね。

    レンズのお話はまぁ小さくてお手頃な価格、女子高生がお年玉で買えそうな値段だといいですね。
    若い女の子は結構写真好きですよ。

    どっかのメーカーさんが枯れた技術でマーケット広げる努力してくれたら嬉しいです。

  6. ピンぼけ小僧 | URL | es1fYYdE

     Sigmaにフルサイズ用のDNレンズシリーズを出してもらえるといいですね。
    30mm、45mm(パンケーキ)、90mmで明るさはF2.8で我慢するから小型軽量で価格は3~4万円の範囲で収まって、3本まとめて買えばセット価格で安くなるといいかな。
     twitterのカメクラ界隈は高級志向で、安いレンズは話題にもなりません。
    1本10万円は当たり前で本体とレンズで40万円くらい使っても1〜2年で次のシステムへという人が結構いますね。本体は更新の噂が出たら下取りが高いうちに売っ払う感じです。
     世の中、価格が高くないと買わない人たちがいて、写真を趣味にしている人たちに多く居ます。
    Leicaがあの価格で売れ続けるのですからメーカーが高級志向に走っても仕方ないでしょう。

  7. あっちゃん | URL | rbj6yZGk

    レンズ交換させない式(笑)

    センサーにゴミが付きやすくて高いズームレンズとなると、レンズ交換させない方向にメーカーが主導している様にも見えますよね。(笑)
    ボディは軽く出来る要素は有ってもレンズが巨大化して重く成る。益々可搬性が損なわれる。
    カメラメーカーは防湿庫で肥やしにしてくれる物欲マニアを相手にしているとしか考えられませんな。(笑)

  8. BigDaddy | URL | -

    > 神田平次 さん

    カメラと車って実用品であり、かつ嗜好品でもあるんですよね。ですからその筋のプロってのは確かに注目もされると思うのですが、今はどうか判りませんが、若い頃、車雑誌などを読んでいた時の記憶を辿ると、駄目なものは駄目って平気で書かれていたと感じています。

    サードパーティは純正と異なる事をするしかなく、純正よりも安い、もしくは高性能、この2つしかない訳ですが、すでに性能に関しては純正、サード含めて行き着くところまで行っているんですよね。

  9. BigDaddy | URL | -

    > ハッセルぶらっと さん

    高級路線のコンデジでもファインダーのないタイプだと、撮影法方はスマホと変わらない訳で、画質への追求さえ考えなければスマホがストリートフォトには一番なんですよね。

    テレビの旅番組を見ているとタレントが写真を撮る時、100%スマホですもんね。タレントで「カメラ」を使っているのってタモリくらいじゃないでしょうか?(笑)。

  10. BigDaddy | URL | -

    > OsakaNostalgia さん

    昔のCanonレンジファインダーの50mmF0.95の開放での奇跡のバチピン写真を見ると魔法の水晶玉、そんな感覚にもなるのですが、50mmでF1.4と言う普通のスペックのレンズでは魔法でも何でもないんですよね(笑)。

    私個人はどんなレンズでもF5.6、F8まで絞れば同じと思っているタイプでして、かつてフィルム時代、仲間と85mmF1.2とかF1.4でF5.6まで絞る奴なんてアホ以外の何者でもない!、だったら85mmF2.8クラスの小さくて安いレンズで十分だなんて会話が成立していて、これは今でも通用する話だと思うんですよね。

    天体撮影はその時点で特殊ですから除外するとしてそれ以外で、F1.2とかF1.4で周辺、四隅までカッチカチにする風景があるのか?、あったとしてもその描写を必要とするシチュエーションがどの程度の割合なのか?、それを考えるとm4/3で十分、私もそう感じています。

  11. BigDaddy | URL | -

    > マサカネ さん

    初心者でもセンサーは大きい方が利点が多い、そんなネットの情報を鵜呑みにしていきなり135センサーカメラを買う人もいると思うんですよね。私が若い頃、運転技術も無いのに3リッター、2.5リッターの車でも平気で乗っていましたからね(笑)。

    一時期、でかい車がカッチョイイ!、とハイラックスサーフに乗っていたんですが、都内の立体式駐車場の大半でNGを食らったんですよ(笑)。昔は電車なんて絶対に使わないで金と時間が掛かっても車で移動していたのですが、場所によっては駐車場が見つからない、そんな事態になり、しかもその手の車が得意の林道とかでは対向車が来たらすれ違うのが大変!、でかい車は駄目だ!、と悟ったのでした(笑)。

    CanonもNikonも馬鹿じゃないと思いますから、いずれボディもレンズも小型のものを出してくるとは思います。でもそれを待つのも馬鹿らしく、そうなったらもうSonyでいいじゃんかって思っちゃうんですよね(笑)。私は現状、3年後にα9の中古を狙っています。そして同じくCanonのEFレンズですね。

    135センサーがどれくらい高価なのか、結局そこに行き着くんですよね。NikonのD750を見ると今が12万で初期値が20万だったようで、となるとNikon Z6なんて手ブレ補正を積んでいる分ちょっと高くなったとしても光学部分が減るので高くても22万が限度。それが24万ですから、やっぱり以前書いたように2万円分どこかでぼったくっているんですよね(笑)。

  12. BigDaddy | URL | -

    > tsunomagari さん

    ありがとうございます。確かLightroomでSonyのクリアプロファイルを使って明瞭度を少し上げていたと思います。

    「女子高生がお年玉で買えそうな値段」、そうなると3~4万が限度ですよね。m4/3なら十分に良いレンズを買えますが、135用となるともうちょっとお高くなるのは仕方ないとは思いますが、それでも5万円ですよねぇ。Sonyの味方をする訳じゃありませんが、本文の通り、28、50、85mmに関しては限度の5万と言う数字なんですよね。Nikon、Canonはそういうレンズが欲しければ一眼レフ用の価格がこなれたレンズをアダプターで使ってくれって事なのでしょうね。

  13. BigDaddy | URL | -

    > ピンぼけ小僧 さん

    レンズメーカーは純正に無いレンズを造る、これが一番の課題なのと消費者はすでに価格、大きさを気にしなければどんなメーカーでさえ(それが中国メーカーでも)優秀なレンズを造れるって感じ始めていると思うので、DNのようなレンズを出さなくちゃいずれこけると思います。東京オリンピックが終わった時点でテレビ、カメラ、ビデオは斜陽産業ですからね(笑)。

    高い商品を買う層がいるのは今も昔も変わらないのでしょうが、昔は安い商品も充実していたと思うんですよ。デジタルカメラの発展が早過ぎた、進歩し過ぎたのでしょうね。本来10年掛かる筈だったのが半分の5年くらいになってしまって、しかも東京オリンピックを2年後に控えていて、今売らなくちゃ!、そういう意識が全メーカーにあるのでしょうね。

    それを考えるとCanonの数年以上前の技術でしかないKiss系が馬鹿売れしていたり、Sonyが古い機種を生産中止しないでそのまま売る続ける、これって間違いじゃないんですよね。

    まぁ3、4年後には全メーカーの全商品、安くなりますよ(笑)。

  14. BigDaddy | URL | -

    > あっちゃん さん

    ズームレンズが不可欠な被写体ってのは必ずあると思うのですが、私自身はせっかくの135センサーですから単焦点を付けたいと思っており、ズームだったらAPS-Cやm4/3で十分と思っています。135用の高価なズームを買うのならOlympusの12-40mmF2.8を買った方が、ボケない代わりにF2.8の明るさでF5.6の深い震度、そういう利点として遥かに勝手が良いと思っています。

    大きくて重たいレンズ、そうなると制限なく造れますし、今はコンピュータで設計しているでしょうから、どのメーカーが同じものしか出来ないと思うんですよね。昔のように小さくて軽い、そういう制限の中で優れたレンズを造る、そんな思考に戻って欲しいものですよね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)