にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です

物欲よ、収まれ!

2018年07月16日 00:00

地球

地球


Sony α6000, Nikon Series E 75-150mmF3.5


※ブログに視覚要素を加えるlightboxを導入しています。上記画像をクリックすると少し大きな画像をポップアップして見る事が出来、暗くなった部分をクリックするか、画像下部のCloseをクリックすると元に戻ります。



本ブログでは過去に何度も「物欲はない方だ」と書いていた。ところが実際には一昨年から色々なカメラ、レンズを買っている。全て安物だが、塵も積もれば山となる。今日はそんなお話。

フィルムカメラのPentax 645に3本のレンズ、加えてKマウントのDFA100mmF2.8マクロ(売却済)、DA16-45mmF4AL(売却済)、KマウントのMFレンズである28mmF2.8、50mmF1.4、100mmF2.8、さらにはSony α6000、Lumix GX7、Olympus OM-D E-M5markII、OM-D E-M1に幾つかのEマウント、m4/3用レンズ、そして昨年はとうとう禁断のNikonのオールドレンズに手を出した。

PentaxのDFA100mmF2.8マクロとDA16-45mmF4ALの2本はPentax K-5の売却によって使いどころがなくなったので実稼動が1年程度、結果的に失敗であったが、それ以外は後悔していない。

後悔と言うよりもちょっと残念だったのはsmc PENTAX-M28mmF2.8とAi Nikkor 35mmF2だ。単焦点レンズの癖して周辺部の描写が悪い。しかも一回り小さなAPS-Cフォーマットで使っていてだ。

どこのメディアでも全く褒められる事のないSonyのE PZ16-50mmF3.5-5.6の方が28mm、35mm近辺において周辺部の描写がいいんじゃないか?、と感じてしまうし、m4/3のLumix 14-45mmF3.5-5.6、ミラーレスカメラ用として初期に発売されたレンズの癖に、1600万画素の像ならば上の2本のレンズよりも周辺部の描写は良いくらいだから・・・。オールドレンズだから妥協して使ってはいるが、どちらも写りを期待して購入しただけに少し心が落ち込むのは確か。

反面、NikonのSeries E75-150mmF3.5はカビカビ超ジャンクと実用品の2本も買ってしまったくらい気に入っている。また頂き物のSereis E36-70mmF3.5に今レビュー最中のAi-S35-70mmF3.5を手に入れた(カビなしE75-150mmF3.5実用品のレビューはAi-S35-70mmF3.5のレビューが終わってから始める予定)。

これはAi35mmF2を買わなかったら出逢えなかった代物。Ai35mmF2を手にしたからこそ他のNikonレンズも買おうと思った訳だ。E36-72mmF3.5やAi35-70mmF3.5SはAPS-Cでは中途半端な焦点距離であるが、m4/3では中望遠~望遠大口径レンズとなり、今後きっと重宝する。

Ai35mmF2はAPS-Cでは135換算約52mmの標準レンズ相当となるので当分使うつもりではいるが、35mmレンズ探訪は今後も継続される。良い出物があったらすぐに更新するだろう。

α6000で使うのなら純正の35mmF1.8なら安定した画質を得られるし、手振れ補正もある。しかしこのレンズはα4桁シリーズ専用となってしまう。35mmはm4/3では70mmの中望遠、APS-Cでは標準、135なら準広角になってくれる万能レンズであり、そうなるとフィルム時代からある135対応の35mmレンズじゃなくちゃ駄目なんだ。

135対応で35mmF2と言うスペックのレンズが現状ほぼないと言って良い。Nikkorはもう怖くて買えないし、Canon FDもNFDも35mmF2なんてレンズはもはや市場に存在しないのでは?、と思うくらい見つからない。過去に使っていて実績のあるPentaxのFA35mmF2ALを買い直す可能性がより出てきた。

買い直す?、うーん、これだけ1年ちょっとの間にアホみたいに買い物をしているから、ここは是が非でも落ち着きたい。

FA35mmF2ALはペンタキシアンの間では隠れスターレンズと呼ばれているがちょっと言い過ぎ。APS-Cで使うなら確かに悪い描写ではないが、恐らく135センサーで使うのならF4くらいまで絞らないと周辺はしっかりして来ないと思う。こういうのはスターレンズとは決して呼ばない。

※それでもAi35mF2はAPS-CでF8まで絞らないと四隅が解像しないのだからFA35mF2ALの方が遥かに描写力は高い

また、不要だからと売却したのに関わらずやっぱり必要と感じて買い直す、これって心情的に不快なんだ。ここはAi35mmF2で我慢我慢。冷静になってそう考えると物欲は徐々に消えていく・・・。

ところがとっても気になるアイテムがある。

Sony Eマウント用のCanon EFマウントアダプターだ。最近1万円前後で電子接点付きのものが売られている。レビューを見ると全機種対応としている割にAFに不具合があるようで正確に動いてくれたらラッキー、そんな代物のようだが、絞りはカメラ側で制御出来、かつ手振れ補正も適切に働いてくれるようだ。

EF-S18-55mmF3.5-5.6IS STM、これでAF、手振れ補正、絞り制御が使えればSony α6000にうってつけの標準ズームレンズになってくれる。このレンズ、安価の割には評判が高く、手持ちのE PZ16-50mmF3.5-5.6の替わりとして十分に機能してくれそう。AFが使えるに越した事はないが、駄目でも手振れ補正と絞り制御が出来れば・・・。

レンズ交換式レンズの基本は広角、標準、望遠だから、各メーカーのその3つを集めりゃ良い。Pentaxはすでに24mmから200mmまで揃えているし、Canon FDはすでに24mm、50mmがあるのであとは100mmがありゃ良い。可能ならば小型、軽量化されたでもNew FD100mmF2.8が欲しいところだが、品薄なんだな。

6月26日の記事の通り、日本メーカーでもボディが中国製なんてざらなのだから、中国ブランド、中一光学のCreator 85mmF2なんて魅力的だ。

勿論、NewFD100mmF2.8辺りが安価で見つかってくれればそれを買うに越した事はないが、最近はボッタクラー、テンバイヤーがオールドレンズ業界を荒らしており、ぼったくられているレンズはたとえ日本製で定評があろうが、買う気がない。

Nikonレンズに関しは現在、35mmに35-70mm(36-72m)、そして70-150mmがあるので24mmF2.8があれば完成であるが、なんだかんだと標準レンズである50mmF1.4も欲しい。

※135センサー搭載カメラで使うのなら28mmレンズで良いのだが、APS-Cでの利用を考慮すると24mmレンズになる

これらはそれぞれ予算を1万円とすればどこにでもごろごろと転がっているが、普通のスペックのオールドレンズに1万円なんて払う気は毛頭ない。常に予算を5千円としているから見つけるのが困難なんだ。

まぁさすがにレンズマニアでもないので、Minolta、Olympus、さらにはM42マウントのレンズを集める気はないのだが、元々Nikonのレンズも集める気がなかったので、どこかで安価で程度の良いこの2社のレンズを見つけたら買っちゃうかもしれない。

そして最近気になっているのがシネマレンズと呼ばれるCマウントレンズだ。トイカメラのような描写のレンズが安価で 売られており、かつてのFujifilmのブランド、Fujinonのパクリだろうか?、Fujianと言うブランドがある。現在、25mm、35mm、50mmがあるようで(OEMにより様々なブランド名があるみたい)、どれもいわゆるぐるぐるボケレンズ。絞って使えば周辺部もある程度解像する・・・、その手のレンズだ。

この手のレンズは絞ってもしょ~がない。絞りを開けた状態で如何に背景をボカすか、そういう為のレンズで、1本くらい持っていても面白いかなと思っている。m4/3で使うのなら35mm(換算70mm)、APS-Cで使うのなら50mmがその手のお遊びが楽しくなるだろう。

でも思う。物欲よ、収まれ!!!。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です



コメント

  1. ハッセルじいちゃん | URL | b/3v8zPU

    なるほど、球体の上半分はGoogie Earthみたいです。

  2. ピンぼけ小僧 | URL | es1fYYdE

    NewFD 35mm f2.0が2万円、NewFD 100mm f2.8が6千円くらいが相場のようです。
    中一光学のCreator 85mmF2とCreator 35mmF2が新品で2万円です。
    M42はピンキリで安いレンズも沢山あるからお勧めですよ。
    以上、レンズ沼からのお誘いでした。

  3. auf | URL | 3eyVfeeo

    公園にあるような水銀灯,まじまじと見たことはなかったんですが
    よく見ると面白いですね.

    ミノルタはなかなかいいですよ.(笑)

  4. BigDaddy | URL | -

    > ハッセルじいちゃん さん

    夏の空、白いモクモク雲にはこの手の街灯を見つけたらパチリですね!。
    この風景、多分150mm側、135換算で225mmくらいで撮影していますが、もうちょっと、換算で300mm以上で撮ると面白そうですね。


  5. BigDaddy | URL | -

    > ピンぼけ小僧 さん

    四谷価格ではありそうですが、状態が良いものでNFD100mmF2.8で6千円は見た事ないですよ(笑)。だいたいその倍の1万2千円くらいだと思います。その値段を出すのならCreator 85mmF2を新品を買いますよねぇ。

    M42は色々と見ていると安価なものだと50mmと135mmばかりなんですよね(笑)。さすがに要らないなぁと。135mmはRikenonを持っていますが、これもAPS-Cで使う限り、ほとんど用途が無く、135センサーカメラを買えばまた違ってくるのでしょうけど。

  6. BigDaddy | URL | -

    > auf さん

    都内だとあんまり見掛けないのと、見掛けても背景がこのように抜けていないのが多く、意外とこういう風に撮るのは大変なんですよねぇ(笑)。また望遠レンズが必要になるので、お散歩写真中、「ああ、望遠持ってくれば良かった・・・」って事も多々あったりします。

    幸い、最近になって歩いていけば川の土手沿いにこの水銀灯を見つけ、今後は空、雲の状態が良ければ300mm以上の望遠で撮ってみようと考えています。

  7. たぬP | URL | gESiz9TE

    やっぱりFA35mmF2ALじゃないですか?

    わたしは BigDaddyさんから紹介いただいたDA対応アダプターのお陰で
    DA35(安)に落ち着いてα7Ⅱ・K5Ⅱs・E-PM1で35㎜ライフが楽しくなってます。
    機会が有ったらFAも・・・
    ここのところのオールドレンズブームもペンタは見はなされてますので。
    FD35 f2も出物があれば・・・しばらくは無理かな?

  8. のっぽ親父 | URL | ibdEl2N.

    物欲は大きな波と小さな波があります。小さな波は自分で欲しいものの悪口をネットで探してくると引いていく波です。
    大きな物欲は何を言われてもあばたもエクボで惚れ込んでポチっとしてしまいます。。止めることはできません。。

    はい、G9をポチっとしてしまいました。。。(笑)

  9. BigDaddy | URL | -

    > たぬP さん

    仰る通り、解像感に拘るのならFA35mmF2ALの一択でしょうね。でもこのレンズ、中古でまだ2万円するんですよ(笑)。APS-C専用になりますが、純正35mmF1.8が3万しないで手振れ補正も付く、それを考えるとどうも買い辛いんです。

    それにして135、APS-C、m4/3をお持ちだと1本の35mmが、35mm、52mm、70mmとなり、一粒で3倍美味しくなるんですよね。私もやっぱりα6500じゃなくα7IIを買うべきなのかもしれませんね。

  10. BigDaddy | URL | -

    > のっぽ親父 さん

    おお!、G9買っちゃいましたか!、素晴らしい!。ふと思ったんですが、G9が大き過ぎて不人気で安いのは間違いないとは思うのですが、それに加えてE-M1markIIが強気販売なのだろうなと。発売してから結構月日が経っていてまだあの値段ですからね。

    私の場合、物欲は実際には少ない方で大きな波がないとでも言いましょうか?。α7IIかα6500で悩んでいたりしますが、別にそれが無くても自分の写真は成立すると思っており、ですから頻繁に訪れる小さな波をどう処理するかなんですが、今のところオールドレンズに関してはその小さな波を全て打ち消せていないです(笑)。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)