にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です

本気度100%のFujifilmカメラのフィルムシミュレーションのシミュレーション

2018年05月07日 00:00

もうちょっと泳いでくれないかな~

2018-05-07-6-1


Fujifilm X-E2, XF18-55mmF2.8-4


※ブログに視覚要素を加えるlightboxを導入しています。上記画像をクリックすると少し大きな画像をポップアップして見る事が出来、暗くなった部分をクリックするか、画像下部のCloseをクリックすると元に戻ります。



LightroomのカメラプロファイルはDCPと言う拡張子のファイルが使われており、これをdcpToolを使ってDCPファイルの内容を変更してやると他社用のカメラプロファイルが使える。

ところがFujifilmカメラに限ってはそのDCPファイルが見つからない!・・・。

Fujifilmは是が非でも自社用のプロファイル(Fujifilmカメラのフィルムシミュレーション)をコピーされないようにAdobeと何やら協議を重ねたのだろう。世界中の誰も解析出来ない状態になってしまった。LightroomでFujilfilカメラプロファイルを使えるのはFujifilmカメラだけ。

しかし海外ではそれを不快と思い、わざわざFujifilmカメラのフィルムシミュレーションをシミュレーションしたLightroom用のカメラプロファイルを作ってしまった人がいる。

※有料ならばFujilfilmカメラのフィルムシミュレーションのLightroom用カメラプロファイルは幾つか存在している

昨年初めにクラシッククロームを見つけた。その時の記事が下。

LightroomでFujifilmのクラシッククロームを再現する
Lightroomを使ってどんなカメラでもFujifilmのクラシッククローム!

クラシッククロームを作っているのだから他のFujifilmカメラのフィルムシミュレーションをシミュレーションしているに違いない!、と昨年中ずっと探していたが、いやはやなんとも、全く見つけられなかったが、今年初め、海外の有志がまたもややってくれた!。「lightroom dcp provia astia velvia classic chrome」、こんなキーワードで検索したら見つけたんだ!。なんとそのページでアスティア、プロビア、ベルビア、クラシッククロームの4種のDCPファイルをダウンロード出来た。

今までRawTherapeeとCapture One Proで使えるFujifilmカメラのフィルムシミュレーションをシミュレーションするプロファイルを利用して他社のカメラでおおよそFujifilmカメラの発色になってくれるベルビア、プロネガハイなどを使っていた。

RawTherapeeでFujifilmのフィルムシミュレーションが全部使えるじゃねぇか!
Capture One ProでFujifilmフィルムシミュレーションを他機種で使っちゃえる!

でもそれがLightroomで利用出来れば便利この上ない。それでは早速検証だ。借り物X-E2の撮って出しJPG、LightroomでFujifilm用標準フィルムシミュレーション、Fujifilm Raw File Conveter EX2.0でのフィルムシミュレーション、そして今回見つけた海外有志が制作したフィルムシミュレーションを掲載しよう。

A、撮って出しJPG、クラシッククロームのみ上記リンクのクラシッククローム
B、Lightroom標準フィルムシミュレーション
C、Raw File Converter EX 2.0
D、今回見つけた海外有志のフィルムシミュレーション

※以下、マウスクリックで長辺1200ピクセル


ベルビア


2018-05-07-2-1

2018-05-07-2-2

2018-05-07-2-3

2018-05-07-2-4




アスティア


2018-05-07-3-1

2018-05-07-3-2

2018-05-07-3-3

2018-05-07-3-4




プロビア


2018-05-07-4-1

2018-05-07-4-2

2018-05-07-4-3

2018-05-07-4-4




クラシッククローム


2018-05-07-5-1

2018-05-07-5-2

2018-05-07-5-3

2018-05-07-5-4




いかがだろうか?。あくまでの主観として今回見つけたFujifilmカメラのフィルムシミュレーションをシミュレーションしているプロファイルは撮って出しJPGよりもLightroomの標準プロファイルの方に似ている気がする。またFujifilmの純正現像ソフトのRaw File Converter EX2.0が一番撮って出しJPGから離れた発色をしている。

残念ながら今回見つけたのはプロビア、アスティア、ベルビア、クラシッククロームの4種。プロネガスタンダード、プロネガハイ、他モノクロ系は今後も探そうと思う。

トップ写真はLightroomから海外有志の作成したFujifilmカメラのフィルムシミュレーションをシミュレーションしているプロファイルのプロビアで現像している。

以下にトップ写真と同じ(A)、X-E2撮って出し(B)、Raw File Converter EX2.0(C)、Lightroom標準のプロビア(D)を紹介する。

ベルビア


2018-05-07-6-1

2018-05-07-6-2

2018-05-07-6-3

2018-05-07-6-4




勿論、今回紹介した海外有志の作成したFujifilmカメラのフィルムシミュレーションをシミュレーションしているプロファイルをFujifilmカメラに使う意味は全くない。あくまでもFujifilm以外のメーカーのカメラでもFujifilmカメラのフィルムシミュレーションが使えるぞ!、ってお話。次回は他社のカメラを使い、この新たに発見したカラープロファイルを当ててみよう。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)