にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です

2017年の有給休暇消費の旅 その6 とろろ汁と蓬莱橋

2018年04月11日 00:00

丸子宿 丁子屋

丸子宿 丁子屋


Olympus OM-D E-M1, M.Zuiko 12-50mmF3.5-6.3


※ブログに視覚要素を加えるlightboxを導入しています。上記画像をクリックすると少し大きな画像をポップアップして見る事が出来、暗くなった部分をクリックするか、画像下部のCloseをクリックすると元に戻ります。



宇津ノ谷峠、行きはよいよい、帰りはこわい・・・、名前に惹かれて「蔦の細道」を歩いてみたものの、岡部側から登ると尋常でない勾配に嘆きつつ、なんとか峠を越えて宇津ノ谷側に戻ってきた。時計の針は12時を回ろうとしていた。道の駅でソフトクリームを頂き、「じゃぁ飯にするべ!」。

鞠子宿(丸子宿)近くにいるのだから、あそこへ行かんとならんでしょ!。そう、とろろ汁で有名な「丁子屋」である。

この日の目的は「龍ちゃん・松ちゃんぶらり探訪東海道での丸子宿の回と同じ事をする!」であった。そう、この番組は「歌川広重の描いた東海道五十三次と同じ構図で記念写真を写す」、これが第一の目的なんだ。そして広重は丸子宿の絵として丁子屋を描いている。そう、丁子屋さんは400年以上も前からこの地で営業しているのだった。

下の広重の絵と比較して欲しい。背景の山の稜線と言い、左右の木と言い、ほぼ一緒でしょ?。ここまで広重の絵と類似する現代の風景ってそうはないんじゃなかろうか?。ここを見られただけでも来た甲斐があったってもんだ。


2018-04-11-1-2


おっと、今気付いた。トップ写真、レンズに雨滴がついちゃっているね。くそぉっ!。まぁそれくらい雨が降っていたのだった。次の写真は丁子屋を背に丸子宿を撮影したもの。雨が降っていなければ街道を歩いたのだが、土砂降りに近かったから諦めた。


2018-04-11-1-3


実は20数年前、ここに立っていた。しかし!、なんとその日は定休日!。今だから笑い話だが、カッコ付けて綺麗なオネーチャンを車で拾い、普通のデートを装い「とろろ汁食いに行くぞ!」と東名高速に乗る訳さ。そんなバブリーな行動を取ったのに休みってどういう事よ!。だから20年越しの願いが適ったと言おうか・・・。

※同じシリーズで「カニを食いに行くぞ!」で北陸へ、「カキを食いに行くぞ!」と東北へ、そして一番オネーチャンに受けたのは「美味いミルクを飲みたい」、そう言って清里に行った、どれも大成功、いやぁあの頃は楽しかった!

ではその念願のとろろ汁のお味は如何に?。丁子屋ファンには申し訳ない、ぶっちゃけ不味い。いや、不味いと言ったらちょっと失礼かな。「美味しくはない」と訂正しよう。2000円くらいの定食を頼み、小鉢で色々と付いてはいたが、それでもこの値段にはたまげた。その他単品で何だっけなぁ?、芋系のお惣菜だったと思うが、これも高い割には美味くない。

東京のそこらの和食店や居酒屋でも十分に食える程度のお味。もっと言えばスーパーで山芋を買い、家で好みに合うように仕上げた方が遥かに美味い。雰囲気はトップ写真の通り、昔ながらの食事どころで、かつ広々としていて昼寝でもしたいと思うくらい快適だったが、所詮は観光客向けの店だな。地元の方は行かないんじゃないか?。

でもそれを悪いとは思わない。美味かろうが不味かろうがなんだかんだと老舗の味は食さないとならないんだ。丁子屋のとろろ汁は美味くない、雰囲気に金を払っているだけ、そう頭にインプットされるだけで良い。それを基準に次に静岡を訪れた際、ここよりも美味くて安い店を探せば結果的に満足する。

また、トップ写真を撮れただけでもお店にありがとうと言わなくちゃならない。ここへは二度と行く気にはならないが、皆さんは本ネタだけを信じないで近くへ行ったら一度は訪れるべし。美味い、不味い、口に合う、合わないは別にして老舗の味は食すべきだ。それが食文化と言うもの。

さて、この日のその後の行動、それは、、、

雨の蓬莱橋

昨年中、すでに記述している。土砂降りで濡れ鼠状態。ただ行って良かった。上のリンクにも書いた通り、E-M1と12-50mmレンズの防滴テストも出来たし、何よりも映画「超高速参勤交代」のロケ地でもあったのだから!。

せっかくなので上リンクで紹介していない蓬莱橋の写真を幾つか・・・。夕方、雨の雰囲気を考慮してモノクロで表現してみた(VSCO Film 05 Fuji Neopan 400--を使用)

2018-04-11-2-1

2018-04-11-2-2

2018-04-11-2-3

2018-04-11-2-4

2018-04-11-2-5

2018-04-11-2-6



と言う訳で、宇津ノ谷峠、丁子屋、そして蓬莱橋とで江戸時代、室町時代にタイムスリップした一日であった。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です



コメント

  1. tsunomagari | URL | -

    広重と同じ風景を撮るというのは、何とも贅沢な話ですね!
    広重は、人物の動きや構図がとても刺激的で参考というか、勉強になります。

    老舗の味は食すべき、同感です。
    とりあえず、自らの舌で食ってから評価すべきですよね。

    オネーチャンシリーズ、ミルク編がとても気になっています(笑)

  2. マサカネ | URL | G2f.Jh/s

    リア充爆z・・・いえ、なんでもありません

    失礼しました。BigDaddyさんのリア充思い出話に嫉妬してつい(笑)

    雨の情景は大好きです。そして不思議とモノクロと合うんですよね・・・。
    昔の絵とあまり変わらない風景を残してるところって貴重ですね。個人的にそれだけで「観光資源」です。

    話は変わりますが、新品と値段差数千円の中古のE-M5mkIIポチりました♪
    初期不良が嫌だったもので、つい(笑)
    マップカメラのクリーニングと点検を信頼して。
    E-M10のシルバーが大のお気に入りなので、同じシルバーにしました。
    塗装剥げや傷なんかも気にならないと言うかむしろ好きな部類なので、よほどボロボロでない限りは、むしろシルバーに塗装剥げなんか出来ると嬉しくなったりするヘンタイさんです(笑)

    ゴールデンウィーク、梅雨、初夏、夏・・・今からワクワクが止まりません。
    (E-M1はしばらく手元に置いておきます。)

  3. BigDaddy | URL | -

    > tsunomagari さん

    広重とほぼ同じ構図、そんな撮影ポイントは今もWEB上で確認できますが、時代劇チャンネルでもう一度、龍ちゃん、松ちゃんの東海道を再放送してくれれば全ての回を録画したいくらい面白い番組でした。

    そう言えば最近浮世絵ブームなんですかね。美術館などで浮世絵展が開催されたり、NHKでも幾つか浮世絵の番組がありますもんね。

    オネーチャンシリーズのミルク、まぁ普通に牧場で牛乳を飲む訳ですが、牛乳を飲むだけの為に清里、それがオネーチャンに受ける訳で、その後のエロ男の策略にはまってくれやすいとでも言いましょうか?(笑)。

  4. BigDaddy | URL | -

    > マサカネ さん

    近頃のGoogleのCMって一般の人のリア充を装ったようなCMですが、バブル時代はあんな程度でリア充なんて笑っちゃうくらいでしたよねぇ。しかもGoogleの場合、次の行き先、目的も全て決めちゃうでしょう?(笑)。何が楽しいのだが・・・。

    誰だっけか、お笑い芸人で休日になるとサイコロを振ってその出た目で右か左か行く、最終目的地はサイコロ次第、そうやって楽しんでいる人がいましたが、それこそリア充だと思いますねぇ。Googleでそこまで何分掛かるか、そんな事を気にしているなんて小せぇなって(笑)。

    雨や雨上がりの風景って意外と普通の人って撮らないんですよね。防塵防滴の機材の利点は当然ながら雨天でも写真を撮れる点にあり、その点E-M1、E-M5系は完璧なカメラだと思います。E-M5markIIを買われたとの事で、これで防塵防滴に2台体制になったのですから、仮に土砂降りでどっちかが壊れてももう1個ある訳で、梅雨の季節にでも良い写真を撮られて下さい。

  5. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  6. BigDaddy | URL | -

    鍵コメさん

    やはり地元の方はあの店には行きませんか。あそこ、美味い、不味いでなく、仰る通り、値段相応じゃないんですよね。2千円くらいの定食を頼みましたが、定食代が千円、雰囲気代に800円、そして駐車場代に200円、そんな感じでしたねぇ。ただ味噌仕立てって言うので濃いのを期待したら抜けた味で・・・。これを味の判らん人間は上品なお味と表現するのでしょうが、単に薄いだけ、そんな印象でした。

    宇津ノ谷の道の駅でちょうど正午を迎えまして、店内を見ていたら作業員らしき人と、如何にも地元の人のお二人がそこでとろろ定食を頼んでおり、確か800円だか900円だったか。所詮とろろであり、それが正しい値段で、仰る通り、消化が良く栄養価が高い、そんな食べ物なんですよね。

    あの日は大井川鐵道で鉄っちゃんしても良かったのですが、あいにく雨が降ってしまい、また島田まで大渋滞したんですよ(笑)。でも運良く蓬莱橋を知り、結果的には十分堪能出来ました。

    今年の春の旅も静岡だったんです。今回は1泊しか時間を取れず伊豆までしか行けませんでしたが、まぁ桜がドンピシャリ、中伊豆、南伊豆、西伊豆の全てでほぼ満開な桜を堪能出来ました。そのネタは来年の3月と言う事で・・・(笑)。

    それでは今後とも宜しくお願い致します。

  7. のっぽ親父 | URL | ibdEl2N.

    同じ飲食業として他店の事を述べるわけにはいきませんね。。。爆笑 そうでしたか。残念です。やはり同じものを続けて出す困難を感じますね。
    いやー蓬莱橋 雰囲気が実に素晴らしい。大昔からここにある雰囲気でしょうか、時代劇に使うのもわかります。雨降りが幸いしたのですね。。

  8. BigDaddy | URL | -

    > のっぽ親父 さん

    どうか高価な山芋を使っているか知りませんが、値段不相応の味、これは断言出来ますね。出汁が効いていて上品な料理と単に味が薄いってのは全く違いますしね(笑)。

    蓬莱橋はホントに良かったです。仰る通り、雨が味方になってくれました。後から知ったんですが、度重なる台風等の被害で橋脚の多くはコンクリになっているそうですが、現地ではそれに全く気付きませんでした。上手く造っているんでしょうね。


コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)