にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です

2017年の有給休暇消費静岡の旅 その1 白糸の滝

2018年03月12日 00:00

白糸の滝

白糸の滝


Olympus OM-D E-M1, M.Zuiko 12-50mmF3.5-6.3


※ブログに視覚要素を加えるlightboxを導入しています。上記画像をクリックすると少し大きな画像をポップアップして見る事が出来、暗くなった部分をクリックするか、画像下部のCloseをクリックすると元に戻ります。



今年じゃない。昨年の話。なんで1年経った今記事にしているか?。昨年の3月、4月ってOlympusのE-M5markIIとE-M1のレビュー記事を延々と書いていたので掲載する機会がなかったんだ。

有給休暇消費旅は仕事が多忙でない限り、毎年実施している。正月に旅に出る、子供この頃からそんな風習がなく、みんなが正月、疲れを癒し、リセットするのに対して私はこの3月の旅で己をリセットする。

また、昨年はPentax K-5を売却してその代わりになるOlympus E-M1を持っての初めての旅。新しいおもちゃが手に入ったんだからウキウキするのは当たり前!。

行き先は静岡県。1年前の話なので詳細を忘れちゃったのだが、当初は大井川鐵道に乗ってSLの旅をしよう、なんて話だったような気がする。色々とネットで調べ、宿泊はやっぱり寸又峡温泉だろうな、なんて言っていた。この年は3日しか休みを取れなかったので多分スケジュール、行程の問題で却下になったんだと記憶している。

東京からだと静岡は近いっちゃ近く、最終日の復路なんてほぼノンストップで2時間ちょっとで帰って来ちゃうのだが、初日ともなると最終目的地までに「ここも行こう、あそこも行こう」となんだかんだとほとんどが移動時間だったりするので、3泊出来るのだったら大井川鐵道で寸又峡温泉だったけど、結果2泊しか出来なかったので海側だけで我慢した、そんな旅。

さて!。この時期の静岡県で有名な風物詩と言えば桜えびの天日干しと富士山!。東京にある静岡県のアンテナショップからの情報で3月の下旬なら晴天なら天日干ししている、そんな情報を得たのだが、それが真っ赤な嘘!。蒲原まで行って桜えびの掻き揚げを食べておしまい。

しかも行程作りで失敗。白糸の滝経由の蒲原だったので無駄に時間が掛かってしまった。白糸の滝に寄る必要は無かったのだが、ちょうどこの年の初めからスローシャッターで水の流れを雲のように撮る(何しろOlympusのカメラは手持ちでそれが出来るから)、これがマイブームになっていて、それに富士山の世界文化遺産の1つなのでせっかく近くまで行くのだから見ないと損!。

そしてこの日の最大の失敗。それは・・・。白糸の滝をスローシャッターで撮る筈だったのがNDフィルターを忘れると言う大失態!。しかも現地ではドピーカン。m4/3カメラは再現像すればF16まで絞っても若干解像感が失われるだけだが、この日はF22まで絞っても1/15秒が限界で無理に+1.5EV露出補正をかけてようやく1/6秒。

1/6秒でも勢いがあるので一応滝を雲のような表現には出来たが、m4/3はハイライト側のダイナミックレンジが狭いのでLightroomでも修正が不可能な白飛び。結局30分もいなかった。滝つぼまで往復しておしまい。

そう言えばこの場所、ちょっとビックリ。もっと秘境みたいなところにあると思っていたんだ。ナビでここだと言われて「まじ?」。町の中にいきなり大きな駐車場。「えっ?、もしかしてここから延々と数キロ歩かされるのかいな?」と思った駐車場のその脇を通り抜け階段を降りるだけ・・・。ホント、びっくりするくらい町の中。

軽井沢の白糸の滝、ここも大型バスで団体さんがやってくるような有名な観光地だが、周囲に民家はなく、そこへ行く白糸ハイランドウェイは山の中の峠道。確か10年くらい前まで一部ダート路だったりして秘境度は遥かに高い。

勿論、静岡県の白糸の滝は軽井沢にあるそれとは比較にならないくらい規模が大きく、雄大さ、豪快さは味わえたので不満はないのだが・・・。

なんちゅうかなぁ~。「白糸の滝」、この言葉から何を連想するか。私は軽井沢の白糸の滝を知っているから、やっぱり絹糸のような繊細な湧水をイメージしてしまう。静岡県の白糸の滝はそうじゃなかった。しかも上の通り、NDフィルターを忘れちゃったからやる気無しモード全開だった。

あっ、そうそう、久し振りにこの旅の写真を見ていて思い出した。撮りたい構図、この白糸の滝の雄大さ、それを表現しようと引きの写真を撮ろうとすると遊歩道が滝つぼ近くまで伸びているのでそれが写り込んじゃう。

ただショックだったのが、、、

白糸の滝 (静岡県) - wikipedia

上のページの一番最初の写真。まさにこれを撮りたかったんだが、これが撮れる構図があったのか。滝に向かって左側の丘辺りで撮ったのか?、うーん、確かに遊歩道で上に行く道があったような気がする。そこを登っていればこれを撮れたんかい!。

そんな訳でトップ写真を含め、白糸の滝での写真を幾つかどうぞ。機材は全てOlympsu E-M1にM.Zuiko 12-50mmF3.5-6.3。今回は全てLightroomで現像し、VSCO Film 04の「Fuji Velvia 100--」をプリセットし、細かな調整をした。


2018-03-12-02


2018-03-12-03


2018-03-12-04


2018-03-12-05



にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)