にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です

Nikon Series E36-72mmF3.5を頂いてしまった! - APS-Cにて実写その1

2017年11月30日 00:00

宝船

宝船


Sony α6000, Nikon Series E Zoom 36-72mmF3.5


※ブログに視覚要素を加えるlightboxを導入しています。上記画像をクリックすると少し大きな画像をポップアップして見る事が出来、暗くなった部分をクリックするか、画像下部のCloseをクリックすると元に戻ります。



前回の記事の通り、ひょんな事からピンぼけ小僧さんから頂戴したNikon Series E Zoom 36-72mmF3.5(以下E36-72mm)。

頂いたのは9月の末。この2ヶ月の間、テストを含め、5度の撮影に利用した感想などを書いていこう。

まず大きさ、重さに関して。このレンズは直進式ズームを採用していて縮めた状態で72mm、伸ばして36mmになる。一般的には縮めると広角、伸ばすと望遠であるから珍しいタイプだ。

次の写真をご覧頂きたい。


2017-11-30-01


2017-11-30-02


隣に置いたのがAi Nikkor 35mmF2で、E36-72mmを縮めた状態だとほぼ同じ大きさになる。フィルター径はどちらも52mmだ。重さは35mF2がフィルター込みで約290グラム、E36-72mmが約390グラと100グラム重いが、とにかくこの小ささ、当時の技術を考えるとかなり頑張ったんじゃなかろうか?。

α6000はバッテリー込みでも350グラムしかないのでレンズの方が重くなってしまうが、特にバランスが悪いとも思わないし、Series E Zoom 75-150mmF3.5は500グラム以上あり、それでも違和感は無い。

※手持ちのマウントアダプターは約70グラム

伸ばすと広角に、縮めると望遠、これは結構間違える。歩いている時は縮めているから72mmになっている。そして被写体を見つけ、適度なズーミングを行いパチリ。そこまでは良い。でも「もう1枚、画角を変えて!」となった場合、脳内は「伸ばすと望遠、縮めると広角」、でもこのレンズは逆に作用する。だから何度も「あっ、逆だ!」と間違える。

とは言え、それだけで使い勝手が厄介だとは思わない。これがAFレンズで常にシャッターチャンスを伺うような撮影を強いられるのなら難儀なレンズだと思うが、MFレンズだから1枚撮るのに時間が掛かり、シャッターチャンスなんてピントを合わせている間に逃げていく。だから画角調整に手間取る程度はオールドレンズを使う為の儀式のうち。

※以前使用していたsmc PENTAX-DA 16-45mmF4ALも伸ばすと広角、縮めると望遠になるが、このレンズは回転式ズームを利用しているので全く気にならない

使い勝手で難点と言えば最短撮影距離だ。全域で1.2メートルは現代のズームレンズでおおよそ50センチまで寄れるのに慣れているので結構辛い。これを理由にAi Zoom Nikkor 35-70mmF3.5S(全域70センチ、70mmだけ35mmセンチ)を買い足す可能性は結構高いかもしれない。

次はトップ写真のオリジナルのコマ。トップ写真がこれを意図していた構図にトリミングしたもの、でも寄れないからとりあえず写したのがこれだ。


2017-11-30-032





好き好きなのでどちらが正しいなんて言えないものの、トリミング前のものは「目の前にあるものの全体を写しました」、そんな写真でしかなく、それを活かすのなら「どんな場所にこれがあったのか?」、そんなコンセプトの方が良く、これはゴミの中に埋もれていたので延々と引いて「ゴミに埋もれた宝船」、そんな主旨で写すべきだ。

α6000は2400万画素あるので寄れなくても一回り、二周り大きく写し、あとでトリミングすれば良いし、このレンズはm4/3で利用し、135換算76-152mmの中望遠~望遠レンズとして活用させようと思っているので、それくらいの画角となると1.2メートルでもギリギリ常用出来るだろう。

次にこのレンズの不思議について。

頂いたその日、自宅に戻り、レンズをじっくりと観察すると、「うん?、なんじゃこれ?、壊れているのか?」・・・。

絞り開放でレンズを後ろから見るとしっかりと絞り羽根が7角形になっているんだ。ズームを前後させると最広角の36mmで最もはっきりと7角形になる。最望遠の72mmにすると一見絞り羽根が円形に見えるものの、斜めから見るとやっぱりカクカクしている。これってF3.5の開放にならずにF4くらいで止まっているのか?。

実際に撮影すると良く判る。ボカした点光源を見れば一目瞭然。36から50mmを超えたくらいまでは絞り開放でもしっかりと7角形になっており、最望遠の76mmで初めて丸い点光源を見られる。それが下。上から36mm、50mm、72mmだ。


2017-11-30-041


2017-11-30-042


2017-11-30-043





これはとっても気になる。そこでNikonに問い合わせをしたさ。すると、、、

「その時代のレンズだと手元にAi Zoom Nikkor 43-86mmF3.5しかないが、同じように43mmから70mmくらいまでは円形になっておらず、86mmで円形に見えるが、実際には羽根は円形にはなっていない。当時を知る社員に尋ねたところ、E36-76mmF3.5も同じで壊れているのでなく、そういう仕様になっている」

しかもそれはプロ用レンズとして発売されたAi Zoom Nikkor 35-70mmF3.5もAi Zoom Nikkor 35-70mmF3.5Sも同様だそうな。なるほど!。と言う事はE36-72mmも他の同時代のレンズも、、、

「最望遠を除いてフレアカッターが付いている」

そういう代物であると考えて良いのだろう。さらに推測するとこの4本のズームレンズは元々F2.8-F3.5として設計されたのではなかろうか、もしくはF2.8-F3.5でも製品化が可能なレンズだったと言えるのではないか?。

それをNikonは何らかの理由、F値は固定であるべき、常用する広角~標準域は球面収差をカットしたい、そんな思考により、あえてフレアーカッターのような作用をする仕様にしたのだろう。

但し、E75-150mmF3.5は開放のF3.5では絞り羽根は絞られていない円形を保っており、こちらは最初からF3.5開放の設計をした、そう考えて良く、そうなるともしかすると球面収差は焦点距離が短い程に顕著でF2.8にすると完全なソフトフォーカスレンズになっちまうとか・・・。

私としてはオールドレンズ特有の絞り開放での光の滲みは短所ではなく長所だと思っており、どうせならF2.8-F3.5の仕様だった方が良く、光の滲みを見られないのは非常に残念であるが、当時はこの光の滲みは短所でしかない、そんな風潮があったのだろう(今でも大多数は開放からカリカリを望んでいるだろうし)。

だからこのレンズは45mmくらいまでは絞り開放でも光のにじみがかなり抑えられており、周辺部は乱れるものの、十分に解像感の高い絵と言える。そしてそれを越えた辺りから次第に球面収差の影響を受け光が滲み始め、最望遠の72mmではポートレートに使える程の美しい程の滲みを得られる訳だ。

滲みが欲しかったら被写体からひたすら離れてわざと50~72mmで撮影し、反対に絞り開放でも光の滲みを制限したかったら被写体に近付いて50mm未満の領域を使えば良い。絞り開放では広角~標準域は硬調、それを超えると軟調、うん、こういう癖のあるレンズ、面白いね。

ふと思う。

レンズの修理業者さんや、分解、清掃が得意な人だったら、この手のレンズをF2.8-F3.5に改造出来るんじゃなかろうか?。絞り羽根の機構上、それを一回り大きく、円形にする事は可能だと思うのだが・・・。
それでは実際の開放絞りでの像をご覧頂きたい。

※全体像はクリックで長辺1200ピクセル、中央部の切り出し像はクリックで1000ピクセル等倍となる

36mm 全体像 36mm 中央切り出し
2017-11-30-051

2017-11-30-052

50mm 全体像 50mm 中央切り出し
2017-11-30-053

2017-11-30-054

72mm 全体像 72mm 中央切り出し
2017-11-30-055

2017-11-30-056




見ての通り、解像感に関しては広角であればあるだけ良い。50mmを越えた辺りから光の滲みが強くなり、最望遠の72mmではオールドレンズらしい素晴らしい滲みを見られる。

周辺部を含めた解像感などは次回!。

さて、ここまでお読みになってくださった方、せっかくなので、記事とは無関係の話であるが、もう少しお付き合い願いたい。

TBSの「戦後重大事件の新事実2017〜事件発生から○年〜 全日空1603便事故」を見ていた。TBSだけじゃない、日本のテレビ局はどうしてこのような最低な構成の代物しか放映出来ないのだろうか?。

簡潔に言えば引っ張り過ぎ。CM明けはさっきまでの内容を再度しつこく取り上げる。しかも演者達の演技は悪くは無いが、アフレコが酷過ぎ。再現映像での緊張感が全くない。

ナショナルジオグラフィックチャンネルには「メーデー!:航空機事故の真実と真相とは」と言う飛行機事故ばかりを扱うシリーズがあり、それは再現映像、そしてCGも含め、見事な構成で1時間飽きずにたっぷりと見られる。TBSの製作チームだって飛行機事故を扱うのだからこのシリーズを見ている筈なのにどうしてこんなお粗末な作りになってしまうのだろうか?。

あまりにも引っ張り過ぎるので、テレビを消した。当時の実映像をYouTubeで見て、事故内容はWikipediaをチェックしておしまい。日本のテレビ、特に地上波のレベルは最低だ。

いい加減、CMをまたいでどーこーしたり、延々と同じ内容を流して結論を引っ張る手法はやめて欲しい。報道のTBSがこの有様だからお先真っ暗。視聴率が悪いのは当たり前。やっぱり地上波はニュースとブラタモリ以外見ちゃ駄目だ。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です



コメント

  1. サンデーハイカー | URL | SisRr4Ds

    おはようございます。
    テレ端のホワッとした滲み具合がイイ感じ、これは結構遊べそうなレンズですね。これを拝見して思い出したのが、昔ミノルタから出ていた100mmのAFソフトフォーカスレンズ。滲ませたい時だけ単独で掛けられる機構が組み込まれていましたが、現在のSTFを含め、ああいうちょっとした小技を本気でやるミノルタが結構好きでした(笑)。

    昨晩のTBS、私も見ていました。あの連続したCM明けは確かに酷過ぎましたね。あれほどしつこく・大きく遡られてしまうと、CM前から見ていたこちらは逆に緊迫感が一気に薄れてしまいます。面白くないならまだしも、内容が内容だけに製作者に対する怒りすら覚えました。わざわざご出演願った実際の当事者の方々・演じた俳優さんに対しても顔向け出来ないと思います。「あれしか出来ない」事情があったのか、それとも「あれがイイんだ」と思って出したのか…まさか後者ではないと思いたいですが。

  2. BigDaddy | URL | -

    > サンデーハイカー さん

    良い描写を求めたいのなら現行レンズ、もしくは中古でも設計の新しいAFレンズにすれば良く、オールドレンズはこう言った癖が面白いですよね。

    ソフトレンズにもなるレンズと言うとCanonにもEF135mmF2.8ってのがあって、恐らく仰る100mmのレンズと同じ機構だと思いますが、は面白かったです。オフ、弱、強と設定出来て、強はかなりボヤッとしていましたねぇ。135mmと言う焦点距離が結果的にポートレートくらいにしかならずあまり使わなかったレンズですが懐かしいなぁ。

    あの番組、仕事場でも総スカン食らっていましたよ(笑)。またネット上でもかなり立腹している方が多かったようで。我々が何を望んでも日本のテレビの質はあの程度でしょう。やっぱりナショジオを素直に見ているのが正解ですよねぇ。

  3. ピンぼけ小僧 | URL | es1fYYdE

    私が持っているAi Zoom Nikkor 35-105mm F3.5-4.5Sのマクロモードは全域マクロで、ワイド端からテレ端までマクロが使えます。
    仕組み的にはマクロモードにするとピント操作部が1センチほど前に押し出される機能があり、これで全域でマクロが可能となります。
    このレンズも小型の割に重量が510グラムと重いです(笑)

  4. auf | URL | 3eyVfeeo

    地上波テレビはホントにヒドイもんですねぇ.見れるのはスポーツ中継
    くらい.ブラタモリ,いいですが演出はちょっと気に入らない.タモリ
    の周りをカメラ音声照明スタッフが囲んでる引きのシーンを必ず入れる
    でしょ.何であんなことするかなぁ.まぁああいう番組他にないから貴
    重ですが.あ,タモリ倶楽部もやってれば見ます.

  5. BigDaddy | URL | -

    > ピンぼけ小僧 さん

    レンズ内に中間リングが入っているって感じなのでしょうかね。そう思うと1センチくらい前に繰り出せるようになれば、もしくは1センチくらいレンズの後ろ側が伸びるようなものを作ればどんなレンズでもどんな焦点距離でも簡易マクロが出来る気がしますね。

    大きくても軽いのが良いのか、大きいけど軽いのが良いのか・・・、バッグの容量を考えると前者の方が良いのかなぁ。嵩張るのが嫌でm4/3にしたので今はそんな気持ちです。FL50mmは重いなぁって思いますけどね(笑)。


  6. BigDaddy | URL | -

    > auf さん

    スポーツでも世界陸上なんてTBSって最低なんですよねぇ。何々の決勝だけ見たいのにその時間を絶対に正確にアナウンスしませんからね。

    BSはNHKも民放もスポーツ(アメフトと日本のバスケットのBリーグは結構見ています)を含め面白いのが多いのに何故地上波がここまで駄目なのか不思議です。

    今のブラタモリは地方活性(地方広報活動)&接待番組ですからあんまり気にしちゃいかんです(笑)。あれは案内人が如何に面白くタモリと絡めるか、それを見るしかないでしょうかね。だから案内人がつまらないとやっぱり全体に面白くないですよね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)