にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です

どこのマウントアダプターが良いのか?、やっぱりK&F Conceptだろうな

2017年09月15日 00:00

untitled


※ブログに視覚要素を加えるlightboxを導入しています。上記画像をクリックすると少し大きな画像をポップアップして見る事が出来、暗くなった部分をクリックするか、画像下部のCloseをクリックすると元に戻ります。



ぶっちゃけ、Canon EFレンズやNikon AFレンズをボディ側で制御する電子接点のあるマウントアダプターを除けば他のマウントアダプターなんてただの「筒」でしかない。だから何だって良い、amazonで検索して目に付いたものを購入するだけ・・・?。

手持ちKマウント用マウントアダプターはStokとK&F Concept。

前者はSony Eマウント用として購入、絞り制御機構があり絞りリングのないDAレンズでも使える。後者はm4/3マウントでこちらはm4/3で使えるDAレンズは全て売却したから絞り制御機構無しのタイプを買った。これは連れも利用しているので同じものを2つ。

皆さんがマウントアダプターを購入する際、高価な日本製と安価なアジア圏製と何が違うのか?、そこが一番気になる筈だ。

1980年代、すでに服飾の分野では中国やその他のアジア製は世間に仰山あった。ところがこれこそ安物買いの銭失いとでも言おうか?。シャツなんぞ買おうものなら左右の肩、袖の寸法が当たり前に違っていたりしていた。洗濯を数回しただけでボタンが取れちゃうのもあった。しかし100円ショップが当たり前になった今、服飾は勿論の事、雑貨に関しても日本製と比較しても遜色の無いものが多くなっている。

では同じアジア圏のマウントアダプターでも価格に差がある、これは何故?、またマウントアダプターの創成期を支えたStok、この会社ヤバイの?、ネット上で商品買えないでしょう?。Stokのサイトから購入サイトであるamazonに行くと多くの商品が在庫切れ、もしくは残り数点。

Stokのサイトから飛んで「在庫切れ」とかだと、もし他の販売店に在庫があったとしてもサイト管理が出来てない企業にしか見えずゲンナリしちゃう。勿論在庫切れは他のアダプターメーカーでも結構あるのだが(その辺が日本企業と違いいい加減なのだろう)、一番の不安はビッグカメラやヨドバシカメラでもStokを扱っていない点。ただの筒だからとは言ってもさすがに買う意欲は失せる。

となると我が家で実績のあるK&F Conceptになろう。ただ、m4/3ボディ-Kマウントアダプターを買う際に考えたのは事実。あまりにも安過ぎるんだ。安過ぎるのも不安材料。

そこで今回、新たにCommliteを候補に入れた。CommliteのNikkor用アダプターは絞り制御機構付きで約6千円。微妙な価格だ。それに対してK&F Conceptは絞り制御機構付きでもその半額、制御機構のないただの筒なら半額以下で買える。1個しか買わないのであればCommliteにしたかもしれない。でもm4/3用、Sony E用と2つ買わなくちゃならず・・・。

やっぱり安さ爆発のK&F Conceptかな、また焦点工房がK&F Conceptの取り扱いを始め、ほぼちょうちん持ちであろうが、マウントアダプター大好きなプロカメラマンの澤村徹もK&F Conceptの記事を書いている。

澤村徹のカメラガジェット放浪記 第2回「マウントアダプター価格破壊のビッグウェーブ」K&F CONCEPT KF-42E2

すでにK&F Conceptのマウントアダプターを使っていたので大きな不安はなかったのだが、これで「安過ぎる」と言う不安要素が完全に取り除かれた。何しろStokで大失敗していたから(詳細は下に記述している)・・・。

おっ!、K&F Conceptって日本語のサイトも出来たんだね。買ったのはこれだ!。

Nikon G レンズ - Sony NEX Eボディマウントアダプター

どうだろう?。絞り制御機構部分のリングがヘビメタ君のようにごつい。賛否分かれるところだが、私は気に入っている。そこだけ銀色ってのも良いではないか(私はヘビメタ君ではない)。

どうせAiレンズ、もしくはそれよりも古い非Aiレンズしか使わないだろうから絞り制御機構なんてなくても構わないのであるが、万が一、NikkorのGレンズ(レンズに絞りリングの無いタイプ)を買うかもしれないと思っちゃったのと、絞り制御機構があっても3千円だぜ!、って事で絞り機構付きを手に入れた。

絞り機構、Stokのは絞りリングが1センチくらいしか動かないが、無段階タイプなので慣れちゃえばしっかりとした、細かい絞り制御が可能だ。そしてK&F ConceptもStokより広いように思えるが、それでも1.5センチくらいしか動かない。六箇所にクリック感があるので楽に使うのなら後者だろう。Stokのは慣れないとF4くらいと思って撮影していてもF8まで絞られている時があるから。

但し、Stokの絞り制御機構は返品したいくらいのレベル。絞りリングのあるレンズを装着すると最小値まで絞り込めない。レンズによって絞り込める値が変化し、例えばsmc PENTAX 24mmF2.8もsmc PENTAX-M100mmF2.8はF8半までしか絞れない。レンズによってはF16まで絞り込めるが、平均するとF11。

これはマウントアダプター側の絞り制御機構云々だけの話ではない。レンズ側の絞りもこのマウントアダプターの絞り制御のせいで最小まで絞り込めないんだ。絞りリングの無いDAレンズならちゃんと最小絞りまで機能するのだが、このアダプターはDA専用ではなく、PKマウントアダプターとして販売されているのだから明らかな欠陥品だ。F11よりも絞る事はほとんどないにせよ、そもそもStokなんてメーカーは一切信じないようにしている。

K&F ConceptのアダプターはそんなStokとは違い、レンズ側の絞りリングを使えば最大から最小値まで全て使える。これだけでStokの精度を上回っている。しかし残念ながらアダプター側の絞り制御機構は完璧と言えない。クリックはワンクリック1絞りではなくかなりアバウトなんだ。

結局6クリックしかないから明るいレンズだとどこかを端折る必要が出てくる。レンズ側の絞りで試すと絞り開放でカメラのシャッタースピードが1/3000secを指しているとF2.8で1/2000sec、F4で1/1000sec、F5.6で1/500sec・・・、このように絞り開放からF2.8の時だけ半段しか露出が動かないが、あとはきっちりと1段ずつシャッタースピードが落ちていく。

※これはあれか?、F2の開放だが、T値はF2.5って事なのか?

K&F Conceptの絞り制御機構を使うと最初のクリック位置では1/3~半段しか絞り込まれない。だからカメラ側が表示しているシャッタースピードに変化が無い。しかし背景の光源ボケが円ではなく七角形になっているから一応は機能している。

ところが最初のクリック位置が1段にならないので次のクリック位置で一気に1段以上絞られてしまうようなのだ。F値がF2レンズならば最初のクリックでF2半弱、次のクリックでF2.8を通り越してF4辺りまで絞り込まれている模様。

そこからはF5.6、F8とちゃんと絞られているようだが、最小絞りが近くなるとまたおかしくなる。35mmF2の最小絞りはF22、それをF16にしておけばクリック部分が六箇所あるのだから本来はF2.8、F4、F5.6、F8、F11、F16と絞られる筈が、実際にはF2半、F4、F5.6半、F8半、F16、このようにどこかで必ず1.5段程度絞られちゃうようで結果的に5クリック目で最小絞りのF16に到達してしまう。

レンズ側をF8にセットしても同じ。F2半、F4、ここから一気に1.5段絞られF5.6半、そしてF8。結果4クリック目でF8に到達してしまう。

絞り制御リングをクリック位置と次のクリック位置の間に止めるのは容易なので大きな問題ではないのでクリック位置を目安として微調整すれば良いだけだが、とにかく最初のクリック位置でちゃんと1段絞られない、ここに原因があるんじゃないかと思っている。

アダプター側での絞り制御機構に関してはリングの稼動範囲が広いアダプターが適しているのかもしれない。Stokなんてお話にならないレベルだし、StokよりK&F Conceptはましだが完璧とは言えない。となるとCommliteか?。ネットの商品写真だけ見ても稼動域は3センチ以上ある。但し、価格はK&F Conceptの倍。そこをどう考えるか?。

手持ちのレンズの大半が絞りリング付きのAiレンズで数本だけGレンズがある、そんなユーザー、もしくは私のように絞りなんてざっくりでいいんだよ、クリックなんて無視すりゃいいだけ、そんなタイプの人間、はたまた複数のマウントのカメラ、m4/3、Sony E、Fujiflm・・・、これらを取っ替え引っ換えするようなカメラマンはCommliteを何個も買うのは馬鹿馬鹿しい。安価なK&F Conceptで十分だ。何しろStokのように最小値まで絞られない、そんな現象はないのだから。

反対に手元にGレンズが仰山ある、絞り制御もきっちり行いたい、また、使用するミラーレスカメラは1機種だけ、そういうカメラマンは高くてもCommliteが良いのかもしれないし、そこは気持ちの問題、安心を手に入れる為に日本製の高価なマウントアダプターを買う、それもひとつの手。

また私のように手持ちレンズはAiのみ。将来Gレンズを買うかもしれない・・・、そんなカメラマンなら素直にレンズ制御機構のないただの筒タイプのマウントアダプターが良い。Gレンズを買ったらその時にGレンズにも使えるアダプターを買えば良いだけ。

と言うのもStokにせよK&F Conceptにせよ(恐らくCommliteも)この絞り制御機構にロック機能がないんだ。それがないから撮影、移動でこのリングが動いてしまう時が多々ある。するとレンズ側の絞りは全く当てにならない。レンズ側で絞っているのにずっと絞り開放・・・、そんな事もあるんだ。

私は絞り制御機構付きのマウントアダプター、StokもK&F Conceptもアダプター側のリングは養生テープで固定している。ホント、そうしないとすぐにずれるから!。

現時点でCommliteのマウントアダプターや日本製アダプターを使った事が無いのでそれらのマウントアダプターの絞り制御機構が完璧に動作するとは限らない。

また上の商品リンクの通り、購入したマウントアダプターはGレンズ-EマウントアダプターなのでGレンズ以外のNikonレンズでは完全な機能を望めないだけかもしれない。
さて、この手のマウントアダプターではガタツキがどーの、そんなレビューが良く見る。Stokはガタツキが多かった。勿論ガタツキがあるだけ粗悪品とは言えないが、結局、遊びが多い訳でしょう?。

上述の通り、StokのアダプターはPentaxの24mmF2.8や100mmF2.8では最小値まで絞り込めない。100mmF2.8なんてF8で止まってしまい、ええっ!?、と驚愕。

これはガタツキ、遊び部分が多いからこうなっちゃう。外す方向にレンズを回すと、それは1mmくらいかな?、そうなるとF11近くまで絞り込めるのが判っている。こういうのを粗悪品と言う。30年前の中国のシャツと同じレベルだ。

Stokの欠陥はうちの個体だけではないようだ。Amazonのレビューでも最小まで絞り込めないと書かれている方がいらっしゃった。

そんな欠陥品のStok、Pentaxレンズに限ってかもしれないが、絞りリング付きレンズでも最小絞りにする手立てはある。

レンズとアダプターのロックを解除し、ほんの数ミリだけレンズを緩める方向に回してやる。これでF22まで確実に絞れる。しかしロックを解除しているので、それを忘れてそのまま歩き出せばやがてレンズがポロリするだろうから、この方法を使う際は細心の注意を払う事。

と言うよりも、そんな欠陥品、そして売り切れの多いStok、現時点では使わない方が無難だ。
今回購入したマウントアダプターはガタツキはあるにはあるが、それは純正レンズをボディに付けたのと同程度。全く気にする必要は無いだろう。

あとは内面反射防止とかフレアーカッターが装備されているかであるが、当然激安アダプターなのでその手のものはない。内面反射が気になったら艶消し剤でも塗れば問題ないのだろう。その辺は各自頑張るしかない。

私自身、この内面反射に悩まされるのはマウントアダプターをダブルマウントした時。α6000にEマウント-Kレンズアダプターを装着し、その上からKマウント-645レンズアダプターをかまし、645用の75mmF2.8を使うと順光を除けば多くの写真でフレアーを確認出来る。

だから645用の75mmF2.8を使う時は太陽のある方向に対して左手でレンズを覆うように撮影している。これだけである程度解消されるので、面倒臭いから艶消し処理は施していない。

そしてアダプターと言えば無限遠が出るか否か・・・。

そもそも無限遠が出ないようなアダプターを今時販売しているのだろうか?。Ai35mmF2では数百メートル先の風景を狙ってもピントは来ていたし、E75-150mmでも75mm側、150mm側とで5キロくらいの距離にあるスカイツリーを狙っても問題なかった。

古いレンズの場合、レンズそのものの無限遠が怪しい時がある。

ジャンクではないが、手元にあるRikenon 50mmF2、こいつの無限遠が微妙なんだ。以前Ricohで検査して貰った際、保護レンズを外した状態ではギリギリ無限遠が出ているが、何故か保護フィルターを付けると無限遠が出ないと言う訳の判らないレンズ(勿論フィルターを変更しても同じ)。

とは言え、そんなレンズでも一般的な風景を撮る分にはネイチャーだろうが都市風景だろうがフィルター装着状態でもおおよそ問題はない。むしろ被写体が50メートルも離れていたら何も考えずにピントリングを無限遠まで回しちゃえば良いのでピント合わせしなくて良い、そんな怪しいメリットもあったりする。
そんな訳で3つ目のK&F Conceptのマウントアダプター、絞り制御機構が完璧とは言えないのかもしれないが、絞りリング付きレンズを使っている分には何の問題も見つからず、十分に満足しているのだった。

本当はGレンズでアダプター側の絞り制御機構をしっかりと検証したいところだが、マウントアダプターの性能チェックするだけの為に欲しくもないGレンズを買うのもアホ過ぎる。

Gレンズ、色々と調べたんだ。α6000にマッチするレンズともなるとDX35mmF1.8とDX55-200mmF4-5.6くらいしかない。DX35mmF1.8はベラボーに興味あるレンズだが、とりあえずAi35mmF2を買ったから余程にこのレンズの描写がお話にならない程酷くない限り、使い続けるだろうから、同じ焦点距離のレンズは不要だ。

近々m4/3用のNikkorレンズマウントアダプターも買わねばならない(元々35mmレンズを70mmとして使いたかったから)。m4/3だったら焦点距離が2倍になるので18-55mmが36-110mmと言う準広角~中望遠ズームになってくれて便利そうだが、Olympus純正の12-50mmがあるから要らないっちゃ要らない。18-55mmがベラボーに優れた描写をするのなら買っても面白いとは思うが・・・。

マウントアダプターに関しては他メーカーを利用する冒険する気もないので(Amazonなどのユーザーコメントを再び参照するのは面倒)、m4/3用もK&F Conceptを買うとは思うが、その18-55mmのGレンズを買うか否かで、絞り制御機構付きを買うか、何も付いていない普通のアダプターを買うか迷っている次第だ。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です



コメント

  1. ピンぼけ小僧 | URL | es1fYYdE

    マウントアダプターはK&F Conceptは安価なのにしっかりしていると思います。
    部屋にいくつか転がっていますが、現在までトラブルはありません。
    マウントアダプターもいろいろ比べれば良し悪しもあるのでしょうが問題なければ安価のもので良しです。

  2. BigDaddy | URL | -

    > ピンぼけ小僧 さん

    マウントアダプターは安価でもパチモンのバッテリーより遥かに安心ですよね。ついこの前もパチモンバッテリーで背中のリュックが燃えたってニュースがありましたもんね(笑)。

    今気になるのはEFレンズ用の電子接点付きアダプターでK&FもCommliteもほぼ同じ価格。OEMで同じ商品の可能性もありますが、買おうか否か悩んでいます。

  3. auf | URL | 3eyVfeeo

    僕もK&F多く持っていますが意識してオーバーインフにしてあ
    りますから無限遠出ないという事は皆無でしょうね.ただレン
    ズの距離目盛がまったく役に立たなくなります.

    アダプターとしてはその辺きっちり作るのが本筋なんでしょう
    が,CONTAX→EOSなんかはレンズのばらつきで微妙にインフ出な
    いこともありましたから,オーバーインフにしてその分ローコ
    ストにするのは正解じゃないですかね.

  4. BigDaddy | URL | -

    > auf さん

    AFレンズは無限遠の先までヘリコイドを動かせましたが、MFレンズって無限遠より先にヘリコイドは繰り出せないので、憶測でしかありませんが日本製でも少し手前で無限遠になっているのではないでしょうかね。

    うちのK&Fの個体は計器計測で無限遠がギリギリのRikenon 50mmF2でもやっぱりギリギリなのでさほど目立ったオーバーインフって感じではないようです。

    距離目盛は意識しませんでした。確かに狂いが生じますよね。24mmレンズをAPS-Cで使う際、ピント合わせをせずに5メートルに合わせてF8で撮る時もあるのですが、A3ノビプリントでは問題なくいけています(笑)。

  5. たぬP | URL | CwWuC3HU

    >BigDaddy 様

    いつも楽しく読ませていただき、また参考にさせていただいております。
    私は待ち切れずお先に 「α7Ⅱ」行かせて頂きました。

    m4/3の時は色々なメーカーを試しましたが、α用はK&F Conceptをまとめて3個(M42、K、FD)導入しました。
    すべてややオーバーインフに振れていますが無限遠が出ないよりは良しとしております。

    DAのレンズとA001用に絞り調節付きを検討中ですがK&F Conceptにはないようなので思案中です。

  6. BigDaddy | URL | -

    > たぬP さん

    コメントありがとうございます。

    みんなα7IIに行っちゃいますね(笑)。たぬPさんのブログ拝見しました。α7II&オールドレンズ三昧の日々を送られているようで羨ましい限りです。

    このところカメラ、レンズを買いまくっていますので、α7IIIの発売後、安くなったα7IIに行くつもりです。楽しみはあとに取っておかねば!。私の場合センサーのサイズよりも手振れ補正を重要視しており、135換算50mmで最低でも1/2秒で止まらないカメラはペケなんです。最近E-M1とE-M5markIIでは換算70mmで1秒で止められるようになったので結構それで満足してもいるんですよ(笑)。

    K&F Conceptはもはやマウントアダプターの標準になりつつあるんですかね。まぁあの安さにはにんまりしちゃいます。様々なメーカーのレンズをお使いならK&F Conceptは最良の友ですよね。

    K&F Concept、DA用の絞り調節付きアダプター、出ていますよ。最近発売になったばかりみたいです。但し、Nikonと同じクリック感のあるタイプと思われますので本文の通り、クリック位置がぴったり1段分ではなくどこかで1.5段くらい一気に絞られるタイプかと。写真を見る限りCommliteの方が使い易い気もしますね。

    それでは今後とも宜しくお願い致します。


コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)