にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です

欲しいレンズが判ってきた

2017年08月26日 00:00

絞り開放隊

絞り開放隊


Olympus OM-D E-M1, smc PENTAX-M 50mm F1.4


※ブログに視覚要素を加えるlightboxを導入しています。上記画像をクリックすると少し大きな画像をポップアップして見る事が出来、暗くなった部分をクリックするか、画像下部のCloseをクリックすると元に戻ります。



m4/3用のレンズを買い足すべきか否か・・・

上のネタでは「無理にm4/3用レンズを買い足す必要は無い」

そんな結論に達している。それから2ヵ月半が経過し、その間、ネイチャー、廃墟なんかを撮っていて心境に変化があったのか否か・・・。

連れがMFレンズ、オールドレンズの楽しみを見出してしまった。古いレンズの絞り開放でのソフトフォーカス描写、これの虜になってしまい、EVFの部分拡大でのピント合わせも覚えちゃった。

私自身も光の滲みは50mmF1.4で賄えるのでOlympusの45mmF1.8やLumixの42.5mmF1.7の線は完全に消えた。またSigmaの60mmF2.8も同じ理由で却下。

同様に純正ならばLumixの25mmF1.7があるし、Pentaxの24mm、28mmレンズも控えており、標準レンズとしてSigmaの30mmF1.4、30mmF2.8、この線も消えた。

この2ヵ月半の間に郊外、地方への旅は3度、そこで感じたのは・・・。

ネイチャーフォトでも廃墟でも、はたまた地方の古い町並みでもほとんどで広角~標準域で切り取っている。そしてOlympusの17mmF2.8が結構活躍してくれていた。超広角レンズなんて全く欲しいとは思わない。135換算で35mmくらいの準広角レンズが具合が良い。

となると選べるのは2本、Olympusの17mmF1.8かLumixの15mmF1.7。勿論手持ちの17mmF2.8で代用可能であるが、魅力は明るさ。F1.7、F1.8ともなると1段半、もしくは1.3段も明るい。

m4/3の単焦点レンズは絞り開放でもそこそこの描写をするし、F2でも被写界深度は135換算でF4となり、準広角レンズとして十分な被写界深度を得られる。勿論、F2よりも明るいのだから17mmF2.8よりも1段以上もボケを楽しめる。

これまでその手の写真は25mmF1.7が担っていた。東京でのお散歩写真ならば無駄なものが写らないのでその画角が丁度良い。しかし郊外や廃墟での写真ともなると狭過ぎる時がある。

自然を楽しめるトレッキングコース、登山道、遊歩道ってのは左右の風景を撮ろうと思うと前後の移動はほんの数歩、湿地帯等の木道ともなれば一歩分しか余裕が無い。

また昭和廃民家探索も後ろに引けない場合が多い。結果、ズームレンズを使うようになる。勿論、深い被写界深度が狙いならばズームレンズだけで十分だが、特に夏季休暇での旅では「明るい準広角のレンズがあれば!」、そんな状況が何度も訪れたのだった。

またズームレンズだと15mm前後(135換算30mm前後)だと開放F値はF4くらいとなり、ISO800、1/2秒でEV2、これが15mmF1.7や17mmF1.8ならばF2まで絞っても被写界深度を無視すればISO200、m4/3のベース感度で撮影出来てしまう。

しかもボディ内手振れ補正の効果が薄いLumix GX7でもその焦点距離ならば1/8秒が一般的な限界点であるが、それでもF2の絞りでISO1600まで感度を上げる必要が無い。

素直にGX7 markIIを買えって話でもあるが、それは無駄だ。GX7が壊れたら次はGX7 markII、これは間違いないだろうが、GX7が十分に利用出来る間はボディを買い換える気はない。

15mmF1.7も17mmF1.8は少々お高いのが難点であるが、それは中古品で賄えば良いだろう。いずれにせよ、今すぐにでも欲しい、そう言った訳でなく、来年の夏の休暇旅行までにどちらかを手に入れられればと思っている。

他にはOlympus 12-50mmF3.5-6.3の替わりにLumixの12-60mmF3.5-5.6をと考えていたが、E-M5markIIと一緒に買った12-50mmは偏心気味と言う事でOlympusに調査を依頼したら異常なしで戻ってきたものの、依頼前よりも描写が良くなった気がしているし、2本目の12-50mmは(m4/3レンズとしては評価は低いものの)問題のない描写をしているので、無理に買い換える必要はないと思い始めている。

そんな訳でm4/3専用レンズで欲しいのは15mmF1.7か17mmF1.8のいずれかだけ・・・。

では他には?。

うん、135換算で50mmと100mmの間を埋めるレンズが欲しい!。つまり換算70mmとなる35mmレンズだ。それも開放F値がF2で、絞り開放の描写が収差によって滲むタイプのレンズが欲しい。

フィルム時代、CanonのFD35mmF2SSCを使っていた。これがドンピシャリのイメージであり、数年前は結構簡単に見つけられたのに今ではほとんど見掛けない。Nikonにも35mmF2もあるが、Nikkor用マウントアダプターを買う必要もあり、一番安く上げるのなら結局はPentaxのFA35mmF2ALになるのだろう。手放したレンズをもう一度手に入れるのは何となく不快なのだがしょうがないのかな?。

35mmF2は135フォーマット用レンズを探すので(APS-C用だと絞りリングがない)、周辺カビ有りやミラーレスカメラでの利用なので絞り羽根の粘りでのジャンクでも十分。気長にその手のレンズを扱っているお店で探そうと思う。

今、愛用しているPentaxのM50mmF1.4なんてその絞り羽根の粘りでワンコイン、500円也!。だからきっとチャンスはある筈。周辺カビ有りFD35mmF2SSCを5千円以内で見つけられればマウントアダプターを買う必要があっても十分に費用対効果があるってもんだ。

本日の写真、そのワンコインのレンズで撮影。

こういう山間の祠を撮っているところを地元の方に見られると、「こんなつまらんものを何故撮っているのか?」と良く尋ねられる。山間だけでなく、東京でも下町の名も無い路地に対してカメラを構えても「この路地に何かあるの?」なんて首を捻られる。

おおよそ「古い物が好き」「昭和の名残を感じている」などと答えているが、要するに「日常でないから面白い」訳なんだ。「日常こそに被写体有り」なんてカメラマンが多いだろうが、私は違う。非日常じゃないとカメラを向ける気がしない。

そうそう、もう何年も前の話、何を撮っていたんだっけなぁ、とにかく地方じゃ珍しくないものを撮っていた。するとおばあちゃんがやってきて上のような質問を。その時に「ノスタルジックな風景が好き」と答えたら、「ノスタルジック」と言う言葉を理解されていなかったようで、それからは単純に「昭和」「古い」、この語彙で統一している。

山里でボロ屋や廃屋を撮っているとかなり目立つ。不審者扱い、必ずどこかから見られている。そんな時には「昭和」と言う言葉を強調する。「昭和の農家の間取りが気になって気になって」。廃マニアではなく建築マニアを装っているのだった。

建築マニアを装うと、時にはゴージャスな情報を耳に入れてくれたりもする。「だったら今はもう完全に空き家だけどその道を真っ直ぐ行って云々・・・」。

その中の1つが8月4日の記事の写真だったりする。ゴージャスでしょう!。

「廃墟を探している」、なんて言ったら不審者扱い。100%警戒される。「崩れかけた廃屋でも良いから昭和を感じる家を知りたい」と言えば趣味人と思ってくれる。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です



コメント

  1. tsunomagari | URL | -

    タイトルが刺激的過ぎます

    定期的にやって来るレンズ購入欲を先週抑え込んだばかりなのにレンズが欲しくなるじゃないですか(笑)

    僕は寄れる50mmのMakro Planar T* 50mm F2 ZFが欲しいんですよね。
    中古でもいいお値段するので、手持ちのMicro-Nikkor 55mm f/2.8Sで我慢することにしています。
    でも、たかが5mm、されど5mmなんですよね〜

    8月4日のお写真、確かにゴージャスですね。
    ちょっと改装してオープンテラスのカフェになりそうです。
    都心にあれば非日常的な雰囲気でコーヒーが飲めるんじゃないでしょうか。

  2. ハッセルじいちゃん | URL | od2ryG16

    何度もコメントいただきありがとう御座いました。
    連日の猛暑日で退院後もやる気のない日々でしたが、今日は秋めいた朝を向かえ、PCオンしました^^
    この滲み加減がなんともグーな感じで、被写体に対してもぴったりな気がします。
    倒れる数日前、私も神社を写したのですが最新のレンズのため、鎮守の森的な描写には至りませんでした。
    オールドレンズはマイナス面が多いですが、それを味方になさってください。

  3. ピンぼけ小僧 | URL | es1fYYdE

    困ったことにLumixの15mmF1.7もNikonの35mmF2も私の手元にあります(笑)
    中古カメラ屋さん巡りをしていても、35mmf2.8はよくありますが、f2.0はなかなか見かけません。
    おそらくあってもオールドレンズで程度がよければソコソコの値段になってしまいますね。
    オールドレンズ集め始めるとあっという間に増える。。。。沼です。

  4. auf | URL | 3eyVfeeo

    FD35mm F2 S.S.C.って三種類ありますよね(黄変するのがある).
    S.S.C.つかないのもある.最近中古であまり見なくなりました.
    一時買おうと思って捜したんですが適当なのが見つからず頓挫.
    まぁ僕の場合35mmってなければないで何とかなるので・・・.
    New FDの方がコントラストは高そうですが.

  5. BigDaddy | URL | -

    > tsunomagari さん

    言い換えるとtsunomagariさんのレンズ購入欲が定期的にやって来るようにする為に定期的にレンズネタを書いていると・・・(笑)。

    Zeissのマクロレンズは中古でも高いですねぇ、値段見てビックリしました。ただ、今後、本体の方はどのメーカーも頭打ちで、今までより買い換えるサイクルって長くなると思うんですよ。その分をレンズに回せると考えると案外、Zeissも行けちゃうかもですよ。

    ゴージャス廃屋、ここは確か2箇所がすでに屋根が崩れ落ちており、完全にオープンハウスになっており、明かりが多く入り込んでいる廃屋でした。この手の地方の昭和廃屋は大きなお宅が多いので古民家カフェなどで再生出来れば少しは地方活性化になるのでしょうね。

  6. BigDaddy | URL | -

    > ハッセルじいちゃん さん

    ハッセルじいちゃんだけなく、多くがこの暑さで外出するのは地獄かと思います。拷問ですって。私も夏季休暇以降、一度もカメラを触っていません(笑)。来週くらいに朝一、始発に乗って東京~銀座周辺を散策し、昼前には帰ってこようかなとは思っていますが・・・。

    暗くて同一色ばかりの風景の場合、コントラストを上げたいと思う時の今回のように低いコントラストのまま光の滲みを楽しみたい時と分かれますよね。この写真は古びた祠なので後者でグーだったと思っています。オールドレンズ万歳です。

    最新のレンズで鎮守の森を撮るとしたら超アンダーで撮るなんて如何でしょう?。あとはLightroomやPhotoshopで加工しまくるしかないでしょうか(笑)。

  7. BigDaddy | URL | -

    > ピンぼけ小僧 さん

    なんと!、私が欲しい仕様のレンズをすでにお持ちとは羨ましい!。ここは「楽しみは後回し」、そう強がるしかありません(笑)。

    仰る通り、35mmF2、28mmF2ってほとんどないんですよね。絞りリングのないNikkorのAPS-C用Gレンズなら十分にありますが、マウントアダプターで絞り制御が出来るのを買わないとなりませんから(今、α6000で使っているアダプターがそのタイプですが、これはDAレンズ用なので)、Nikkor Gレンズ対応のアダプターを買うしかないかとも思っています。

    気長にジャンクレンズを探すしかないですかねぇ。そろそろ四谷のあのお店に行く時期かなぁ(笑)。新宿にも二店舗、その手のお店があるので、3つ回れば1本くらいはあるかなぁと・・・。

  8. BigDaddy | URL | -

    > auf さん

    SSCでなくSCってのがあるのは知っていますが、FD35mm F2SSCって3つもあるんですか!。CanonもNikonも古いレンズとなると、良く判らんです。この前、初めてNikkorのAiレンズとAi-Sレンズを違いを知りましたもん。

    NewFDの方が描写はしっかりしているでしょうね。海外のサイトでその手の古いレンズのレビュー記事ってのが仰山あり、それを見る限り、CanonのNFDは完璧な描写をしていると思います。多くは小さいですしね。Pentaxは小型化に失敗して、糞レンズも多々あり、Canonは後にばかでかいレンズのEFにシフトし・・・。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)