にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です

FujifilmとPanasonic、どちらが自分のマッチしているだろうか?

2014年03月13日 00:00

untitled

untitled

Olympus E-P3, 17mmF2.8

※ブログに視覚要素を加えるlightboxを導入しています。上記画像をクリックすると少し大きな画像をポップアップして見る事が出来、暗くなった部分をクリックするか、画像下部のCloseをクリックすると元に戻ります。



Pentax K-3以外で最も注目しているカメラがFujifilmのXシリーズであるが、一部のカメラを量販店で触ってみたり、ネット上で仕様やユーザーボイスを拾ってみると、やっぱりメインにするには・・・、と思う箇所が幾つかある。

先ずは2月25日の記事に書いたようにAF測距点の移動が1アクションでは出来ない点。AF測距点移動を割り当てたファンクションボタンを押してから十字キーで測距点を移動し、さらにOKボタンで決定と3アクションを必要とする。

この十字キー。これはユーザーインターフェースとしては汎用的で可もなく不可もなく。でもボタンの形状に気を配らないとならない。その点、PentaxもFufifilmも開発者、設計者の神経を疑うような出来。こういう細かい部分にお金を掛けてこそ一流と言われる。だからPentaxもFujifilmも一流じゃない。

我々消費者は一流品にはお金を掛ける。でも二流品にはお金を掛けない。イコール、Pentax K-3もFujifilm X-T1も今の価格ではボッタクリに見えてしまうのだった。特にFujifilmは他のボタン、ダイヤル類の使い勝手がフィルムカメラライクなので、とっても惜しい。

それでも同じ十字キーを利用して測距点を変更するPentaxカメラは(各種設定モードを解除していれば)ダイレクトに測距点を移動出来るからまだましってもんだ。

「僕は気にならない」、まぁそういう人もいるだろう。でも誰が考えても1アクションで変更出来た方が理に適っているでしょ?。

「慣れれば良いだけ。そういうものだと思えば気にならない」、この台詞は絶対に吐いちゃ駄目だ。これを言っちゃうと、カメラのユーザーインターフェースなんて何だって良くなっちゃう。Olympus PENシリーズは現行のE-P5は良くなったが、それ以前のカメラはど~しよ~もない使い勝手で、これに対して「慣れれば良い」なんて、決して言っちゃならない。一人の意見も塵も積もれば山となり、不満を述べるのは消費者の権利で、だからこそE-P5で良くなったのではなかろうか?。

機能に関してはどうだろう?。X-T1が発表されて結構時期が過ぎてから初めて知ったのだが、FujifilmのカメラってRAW保存はISO200~6400までなんだそうだ。拡張感度でISO100とISO12800以上も使えるが、それはJPGしか保存してくれないそう。なんじゃいな、それって?。

私はF1.xの絞り開放で写真を撮るタイプじゃないし、上限側もISO6400まであればおおよその風景は賄える。加えて、Fujifilmの独自のセンサーはJPGでも高感度の描写はピカ一らしいので、ISO100、そしてISO6400を上回るRAWデータは不要かもしれないが、それでも心許ない事には変わりない。

何度も申し上げている通り、メインカメラ(メインシステムと言うべきか)とは、どんな風景にも対応出来てこそで、K-5は(画質云々は除き)ISO51200でもRAWを出力出来る。そういうカメラの後継にしようかと思うカメラがISO6400までしかRAWが記録されない、これはスペックダウンであり、ちょっとなぁ・・・。

しかもX-E2に至ってはマニュアルを読む限り、画質モードにRAW保存を選んでいると、ISO12800、25600にセットしても勝手にISO6400にしちゃうらしい。この仕様は量販店で触っただけでは判らなかった(ファームウェアでこの手の間抜け仕様は解消されているのだろうか?)。

このAF測距点の変更と、感度によってRAWが使えない、この2つだけを取っても、私の用途においてはFujifilmのカメラはメインシステムには決してなれない。これを知り、一気にX-T1への興味は失せてしまった。

しかし!、サブシステムとしてのX-Eシリーズは魅力的だ。今、うちのサブシステムはマイクロフォーサーズ、ボディはOlympsus E-P3だ。これで街のお散歩写真や普段の記録的要素の強い写真は賄えている。但し、それはISO1600まで。それを超えると流石にちょっと閉口してしまう。

だからISO3200、ISO6400の絵が綺麗なカメラが欲しい。しかも軍幹部のファインダー部分が中央で盛り上がっている一眼レフ風のデザインよりもレンジファインダーのようなお弁当箱タイプの方がカメラとしてお洒落だと思っているから、X-Eシリーズがそれに該当する。

ただ、現行のX-E2とPanasonicのGX7が同価格帯にあり、GX7の方が発売時期が早いので少々安めだ。そうなると、今後値下がり率を考えるとGX7の方がより下がる筈で、そうなると特にGX7のAFの測距点移動を背面液晶をタッチパッドとして使う方式に注目したい。

実はこのGX7のタッチパッドAFこそ慣れが必要なのだが(初めて量販店で触った時は全く操れなかった(笑)) 、相対モードと言うのかな?、指の細かな動きに対応して測距点が移動してくれるモードは、かなり感動した。これこそ、EVFカメラの最高の仕様なのではなかろうか?。

高感度域は明らかにAPS-CセンサーのFujifilmのカメラに軍配が上がる。ネット上に散らばっている写真を見る限り、JPGレベルでISO6400でもかなり具合が良い。Pentax K-5やK-3よりも良いと思う(実効感度が半段以上低いと言われているが)。GX7はどんなに頑張ってもISO3200止まりだ。

そこをどう考えるかだが、サブシステムとして考えるとISO3200が使えれば十分とも思え、またGX7はタッチパッドAFに加え、EVFがチルトしたりと、かなり攻め込んだ仕様、機能を持っており、また効果は薄いにせよ、ボディ内に手振れ補正も持っている。こういうカメラこそ、サブシステムに相応しい、使っていて面白いカメラなのかもしれない。

またGX7ならばOlympusのマイクロフォーサーズレンズも使えるので、14-42mmと17mmを持っているから、新たにレンズを揃える必要がない。それを考慮すると、GX7の方が遥かに安く上がる。

Kマウントアダプターを買えば、うちにある古い24mmF2.8が48mmの画角になり、一気にメインレンズ扱い。そして50mmレンズが100mm相当だから、無理に望遠系のレンズを買う必要もない。どうしてもAFの望遠が欲しくても40-150mm辺りだとアホみたいなプライスで買えたりもする。

うーん、冒頭ではPentax K-3以外で最も注目しているカメラがFujifilmのカメラだと書いたが、なんだかんだと、PanasonicのGX7が一気に追い上げ、差し切りそうな、いや、すでに差し切っているかもしれない。

一部の方は「たかがAF測距点の変更如きで神経質な奴だな」と感じられているかもしれない。これは否定しない。超~神経質だ。もしかすると写真以外の趣味、ギターやベースを弾くのが好きな事が神経質にならざるを得ないのかもしれない。

ギターやベースと言う楽器は買ったものをその状態のまま使う人はまずいない。最低限、弦高の調節はする。そしてこの弦高、どうだろう、0.1mmだと感じないかもしれないが、0.2mm、0.3mmくらい違うと、それが高い低いってだけで全くフィーリングが異なる。

さらには弦の太さも各自好みがあるし、フレットの太さ、高さにも神経質なギタリストも多い。私はネック、指板そのものをスキャロップドに改造している。

スキャロップドフィンガーボード -wikipedia

判りづらい?。googleの画像検索を見ると判り易いかもしれない。

スキャロップド 画像検索

これを施しているのはギタリストの1割にも満たないと思う。でも私はこれをやらなくちゃ弾き辛いと感じるタイプで、うちにあるギターでは4本でこの改造を施していたりする(しかもうち2本は自分でヤスリで削っている)。

また、ギターを弾く為のピック。これがまた市販のピックを50種類くらい試したが、全くマッチするものがなく、今はある市販の安いピックを買い、紙やすりで削って自分にマッチする角度に仕上げて使っていたりする。それくらい楽器には神経質。

勿論、他人のギターを借りたところで、演奏が一気に下手糞になる事はないが、自分の中の最高クオリティを出すには自分のギター、ピック、弦じゃないと駄目だし、音色だってそう。エフェクターやアンプに拘り、誰一人として同じセッティングなんてないと言っても良い。

カメラは楽器のように改造なんてほぼ出来ないと言って良いだろう。FujifilmのAF測距点の移動が改造するだけで1アクションになるのだったらするさ(笑)。でもそれは不可能。だから最初から自分のフィーリングにマッチしたカメラを探すしかない。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です



コメント

  1. ななし | URL | mQop/nM.

    いつも興味深く拝見してます。
    まずはK-3のレビュー、お疲れ様でした。とても参考になりました。
    実は増税前に頑張って買おうかなと思っていたのですが、よくよく考えてみると、
    今のところk-rで、不自由してないなぁと思い至り、見送ることにしてしまいました。(ごめんね、リコペン)
    スペック的にもプライス的にも今の自分にとってのベストバイはK-5II/Sなのですが、どうしてもダメなのです。
    親指(背面)AFの位置が。私の場合、ファインダーを左眼で見るので、
    どうしてもK-5系の位置が受け付けられなかったんですね。
    そこでようやくK-3!右上部に帰ってきた?ので、それだけで買おうか.と思ってたぐらい。
    (残念なことに、今はかなり冷静になってしまいましたがー)
    デスクトップPCのようにインターフェイスを自由にカスタマイズできるのであれば、
    スペックありきで構わないのですが、基本、単体で完結で完結する、
    せざるえないもの(特にペンタックスのようにカメラ内現像に固執するなら)
    もっと丁寧にかつ、ユーザーフレンドリーにしてほしいと思います。

  2. BigDaddy | URL | -

    > ななし さん

    K-3レビュー、ご覧下さりありがとうございます。

    先日も書いたように、今手持ちのカメラで十分だ、これはそれぞれが自覚しているんですよね。私も欲しいカメラを挙げればきりがないですが、ななしさん同様に今、買わなくてもいいなぁと冷静になっちゃいます。

    親指AFは使いませんが、ファインダーは左目を使っており、そもそも左目を使う人にはPentaxのカメラって小さ過ぎるんですよ(笑)。カメラを真っ直ぐに構えると、十字キーも押せなくなり、顔を右に向けて撮っています。

    本当は真っ直ぐに見ないと駄目なのでしょうが、これはフィルム時代からの癖ですから、さほどの苦痛は感じないのですが・・・。

    PentaxはせっかくRicohとくっついて、Ricohのコンデジって色々とカスタマイズが可能なのだから、Ricohの優れているインターフェースを少しは参考にするべきだったのでしょうねぇ。困った事に悪い部分だけ参考にしちゃったのがK-3だと思います。

    結局、どのメーカーのどのカメラも一長一短で、カメラに自分を合わせるしかないのでしょうかね。各社、一般を対象にユーザーインターフェースコンペでも開けば良いのに、と時折思います(笑)。

  3. のっぽ親父 | URL | ibdEl2N.

    古いアナログ人間の僕はせっかくのデジタル一眼もほんの一割程度しか使えていないと思いますが、K-5ⅡsとGX7で思うのはEVFの素晴らしさです。ピントが拡大できる、露出の雰囲気がわかる。それだけで嬉しくなります。EVFを除きながらマウスのように液晶をいじるのも楽しいです。購入前はフィルムも撮像素子も大きい方がいいと思っていましたので、マイクロフォーサーズを買うことはありえないと思っていましたが結果なかなかのお気に入りです。ぜひBig DaddyさんのGX7でのお写真を拝見させて頂きたいと思います。 そう言いながら、私は自分の瞑想でNikonのフルサイズが欲しいなどとたわけておりますが。

  4. BigDaddy | URL | -

    > のっぽ親父 さん

    Pentaxを2機種にGX7をお持ちでしたよね。3台をお持ちで使い分けておられるのですから、デジタル一眼を上手く利用されていると思います。

    GX7はやはりタッチセンサーですよね。最初量販店で試した際には、ちょっと上手く行きませんでしたが、2度目にはこつを掴んだと言えば良いでしょうか。思う位置に測距点が移動し、これぞ最高のツールだろうと思ったものです。

    GX7に関しては16日の記事が、再び欲しい度が高まるなる内容になりますので、どうぞご覧ください。機能的には満足しているので、あとはお値段との相談です。

    街中をスナップ(特に背景をぼかす必要がほとんどないような)ならばむしろマイクロフォーサーズくらいが丁度良いのかもしれません。勿論、同じくNikonの135は欲しいですけどね(笑)。

  5. ななし | URL | mQop/nM.

    K-3、ついうっかり買ってしまいました(爆)
    冒頭の書き込みのとおり、買わないつもり満々だったのですが、
    最近、k-rの調子が悪く、初回電源投入直後の露出が弩アンダーで撮影されてしまって、
    修理出すなら、もう買ってしまおうかなと。
    K-5IIの過去の価格推移から推測するに、K-3のこれから1年程度の値下がり率も、
    大して下がらないのではないかとも思いまして。
    このままk-rを修理せずにイライラしながら使うのか、中古買えるぐらいの修理代出すのか、
    と他の選択肢からすると、一番シアワセになれるかなぁっと逝ってしまいました(猛省)

  6. BigDaddy | URL | -

    > ななし さん

    わぉっ!、それはおめでとうございます。

    K-3はK-5II系が生産終了したら値は落ちてくるとは思いますが、カメラが壊れたら最新機種が選択肢に入るのは当然の事でありましょう。保証期間が過ぎたら故障箇所により数万掛かっちゃいますからね。私もK-5が故障したら、K-5の中古がすでに3万割れのもあり、修理はしないでしょうねぇ。

    k-rからのステップアップでしたら、私が言い続けているユーザーモードの件も恐らく気にならないでしょうから、処理速度が速くなっていたりと、K-3の使い勝手は良いと思います。あとはそのK-3を何年使われるかでしょうか?。3年は使いたいですよね。

    K-3ライフ、楽しまれて下さい。


コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)