にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です

Sigmaで妄想タイム

2018年11月09日 00:00

松坂吊り橋

松坂吊り橋


Sony α6000, E PZ 16-50mmF3.5-5.6


自分が訪れた場所がテレビで「何気なく」紹介される、人はただそれだけで嬉しくなってしまう。

NHK BSの番組、「にっぽん縦断 こころ旅」。俳優の火野正平が視聴者の手紙を元に彼らの思い出の場所を自転車で尋ねる旅。11月7日、福島県はいわき市だった。おっ!、いわき市!。ここは2年前炭坑産業遺産を求めて訪れている。

「フラガール」を観てフラッと産業遺構探索

上のリンクの通り、海沿いを除いていわき市ほぼ全域に渡り、炭鉱関連の産業遺産を求めて写真を撮り歩いたので、もしやその風景が番組の最中に写っているかも!、ボタ山のひとつでも映像にあれば!、そんな意識で見ていたら・・・。

番組最初のシーンでは必ず地図で場所を確認するロケ隊一行。行き先が好間川の吊り橋とな。うん?、火野正平が指差すところ、なんか記憶にあるぞ!?。なんと!、その視聴者投稿の思い出の場所そのものが2年前に訪れた場所だった。それがトップ写真。

ここは常磐炭坑ではなく古河好間炭鉱の産業遺産。山と炭坑住宅の往来に使われた吊り橋。好間川をもう少し内陸に進めば、好間炭坑貨物専用線の橋梁が今でも残っていたりもする。

ただ、googleマップの航空写真で確認した限り、記憶が曖昧で場所がどこだか覚えていないが、川沿いに大規模な炭坑住宅があった筈・・・、でもどこをどう探しても見つからない。

多分整地されちゃったんじゃないかな。この辺りはソーラー発電が盛んなので、炭坑関連の跡地の多くが発電所に変わっている。もしかしら2年の間に炭坑住宅もソーラーパネルになっちゃったのかも(この辺りにはあとふたつ小規模な炭坑住宅があるが、それは今でも残っているようだ)。

高所恐怖症の火野正平も渡れた頑丈な吊り橋、そう、2年前私も渡った。いやぁ、なんだか嬉しいね。

今回は郷愁をイメージし、RawTherapeeを使い、オールドフィルム風に現像した。まぁLightroomでもdarktableでも同じような発色を作り出せるが、今日はRawTherapeeの気分だった。

そんな訳で本題へ・・・。

[ 続きを読む ]

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です