にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です

RawTherapee Ver5.3.xx、開発中バージョンを試す - LocalLab

2017年11月06日 00:00

壁のある風景

壁のある風景


Sony α6000, Ai Nikkor 35mmF2


前回のRawTherapeeネタに引き続き、RawTherapeeの日本語版のVer5.1、5.2がまともに動いてくれなかったので、それが修正された5.3の開発中バージョンを利用した「LocalLab」について述べたい。

LocalLabはまだRawTherapeeで正式に採用されていない。これはLightroomでの円形フィルターに該当し、フィルターの内側、もしくは反転させて外側に対して部分的に露出、カラー、シャープネス、ノイズリダクションなどを施す機能で、Lightroom同様に複数をセット出来る。

これがそこそこ使えるツールになっており、敢えて正式なバージョンでなく、5.3.xxのLocalLabバージョンを使っているのだった。

今日はこのLocalLabについて!。

1ヶ月前の5.2.xxのLocalLabバージョンはうちの環境だとLocalLabにてRetinexを使うと100%の確率で落ち、今日現在、5.3.256では落ちなくなった反面、LocalLab部分以外で幾つかの不具合があり、LocalLabが正式にRawTherapeeに採用されるのはもうちょっと時間が掛かりそう・・・
[ 続きを読む ]

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です

RawTherapee Ver5.2.xx、開発中バージョンを試す - Dynamic Profileを活用する

2017年10月21日 00:00

fc2ブログのSSL化に伴い、ブログURLが変更されました。

旧URL http://bigdaddyphoto.blog41.fc2.com/
新URL https://bigdaddyphoto.blog.fc2.com/

旧URLからでも新URLへリダイレクトされますが、新たに本ブログのリンクを張られる方は新URLでお願いします。

廃なパチンコ屋にて

廃なパチンコ屋にて


Pentax K-5, Sigma 17-70mmF2.8-4 OS HSM


前回の記事に引き続き、RawTherapeeの日本語版のVer5.1、5.2がまともに動いてくれなかったので、それが修正された5.2の修正版を利用して、5.1から追加された機能について述べたい。

今回はダイナミックプロファイルについて。ここでのプロファイルとはカメラ毎のカメラプロファイルやフィルムシミュレーションと言ったカラープロファイルではなく、「処理プロファイル」を意味する。

そしてダイナミックプロファイルとは開発中バージョンでなくVer5.1で正式に採用された、カメラ名やレンズ名から自動的に起動時の任意の処理プロファイル(pp3ファイル)をセットしてくれるツール。

現在はすでに日本語版でも動作するVer5.3が正式に発表されているのでわざわざ5.2の開発版を使う必要は無い。

また、この記事は10月初めに予約投稿で放り込んだもので、現時点では5.3をベースにした5.3.166と言うLocalLabが使える開発中バージョンが存在している。

LocalLabとはLightroomでのフィルターに該当する。部分的に露出、彩度、シャープネス、ノイズリダクションなどを調整出来、しかも複数それをセット出来るので非常に便利なツール。LocalLabに関しては別途、11月初旬くらいにネタにするつもりだ。
[ 続きを読む ]

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です

RawTherapee Ver5.2.xx、開発中バージョンを試す - Huginでレンズ補正データを作る

2017年10月19日 00:00

下町ハイパー

下町ハイパー


Sony α6000, smc PENTAX 24mmF2.8


RawTherapeeはVer4.xから5.0にメジャーバージョンアップした際、何が変わったか良く判らなかったが、5.1、5.2からいきなり有用な機能が増えた。しかし幾つか日本語環境の問題(ロケール)で実質5.1からのバージョンは9月初めまで使えない状態が続いた。

今回はその日本語環境問題が修正された5.2の開発中バージョンを用い、5.1から追加された機能を試したい。今日現在、正式にVer5.3がリリースされているが、LocalLab(Lightroomの円形フィルターのような機能で部分的に様々な作業が可能になる)を利用したいので「ほぼ5.3の機能を持った」5.2の開発中バージョン(RawTherapee_newlocallab_5.2-332 Win64)を使っている。

追記

この記事は10月初めに予約投稿で放り込んだもので、現時点では5.3をベースにした5.3.166と言うLocalLabが使える開発中バージョンが存在している。

またLocalLabに関しては別途、11月初旬くらいにネタにするつもりだ。
[ 続きを読む ]

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です

RawTherapeeのRetinexでDehaze(かすみの除去) 実例

2017年06月09日 00:00

untitled

untitled


Pentax K-5, Sigma 17-70mmF2.8-4 OS HSM


※ブログに視覚要素を加えるlightboxを導入しています。上記画像をクリックすると少し大きな画像をポップアップして見る事が出来、暗くなった部分をクリックするか、画像下部のCloseをクリックすると元に戻ります。



前回の記事の通り、RawTherapeeのRetinexを使えばおおよその写真はLightroomの霞の除去と同じように作用するのが判ったが、そうでない写真も出てきてしまう。今回は幾つかの写真での実践だ。

[ 続きを読む ]

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です

RawTherapeeのRetinexでDehaze(かすみの除去) 基本編

2017年06月07日 00:00

Tokyo Snap

Tokyo Snap


Pentax K-5, Sigma 17-70mmF2.8-4 OS HSM


※ブログに視覚要素を加えるlightboxを導入しています。上記画像をクリックすると少し大きな画像をポップアップして見る事が出来、暗くなった部分をクリックするか、画像下部のCloseをクリックすると元に戻ります。



RawTherapeeには長所も多いが欠点も多々ある。その中で一番の欠点はあまりにも操作が複雑過ぎてとっつきにくい点だろう。「CIE色の見えモデル2002」なんて何をする機能かも判らず一度も使っていない。恐らく全世界でこの機能を使える人って数人じゃないか?、ってくらいのレベル。

そしてVer4の後半から追加された「ウェーブレット」と「Retinex(露光タブにある)」の2つも複雑怪奇。これらも使いこなせる人は全世界でもほんの僅かしかいないだろう。

今日はRetinexについて。

[ 続きを読む ]

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です

RawTherapeeでFujifilmのフィルムシミュレーションが全部使えるじゃねぇか!

2017年02月15日 00:00

n2017-02-17-01-1 n2017-02-17-01-2 n2017-02-17-01-3

n2017-02-17-01-4 n2017-02-17-01-5



※ブログに視覚要素を加えるlightboxを導入しています。上記画像をクリックすると少し大きな画像をポップアップして見る事が出来、暗くなった部分をクリックするか、画像下部のCloseをクリックすると元に戻ります。



RawTherapeeでFujifilmのフィルムシミュレーションを実現する 序章
RawTherapeeとFujifilmのフィルムシミュレーション
Capture One ProでFujiflmフィルムシミュレーションを他機種で使っちゃえる!

上の3つを踏まえて・・・。

※最新情報を最後に記載しているので必ず最後までご覧下さいませ!

[ 続きを読む ]

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です

RawTherapeeとFujifilmのフィルムシミュレーション

2017年01月12日 00:00

軽トラとカブと富士山と・・・

軽トラとカブと富士山と・・・

Fujifilm X-E2, XF18-55mmF2.8-4


※ブログに視覚要素を加えるlightboxを導入しています。上記画像をクリックすると少し大きな画像をポップアップして見る事が出来、暗くなった部分をクリックするか、画像下部のCloseをクリックすると元に戻ります。



有志がRawTherapee用のフィルムシミュレーションでFujifilmカメラのフィルムシミュレーションをシミュレートした・・・、要するにRawTherpaeeだけでFujifilmカメラの撮って出しJPGに近い像を得られるようになったって事だ。

前回の記事ではそれをテストした際のFujifilmのRawファイルの不思議に言及したので、それらを踏まえ、実際にどれだけ撮って出しJPGに迫っているかを考察したい。

[ 続きを読む ]

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です

RawTherapeeでFujifilmのフィルムシミュレーションを実現する 序章

2017年01月10日 00:00

とある集落にて

2017-01-10-08

Fujifilm X-E2, XF18-55mmF2.8-4


※ブログに視覚要素を加えるlightboxを導入しています。上記画像をクリックすると少し大きな画像をポップアップして見る事が出来、暗くなった部分をクリックするか、画像下部のCloseをクリックすると元に戻ります。



RawTherapeeでFujifilmのフィルムシミュレーションを実現すると言っても私が何かを作り上げたんじゃない。RawTherapeeのフォーラムをウロついていたらRawTherapee用のFujifilmのフィルムシミュレーションを模倣したカメラプロファイルや設定ファイルを作った人がいてそれを見つけたってだけのお話。

それを今回紹介するが、Fujifilm X-E2で撮影された写真をRawTherapeeで現像しようとすると不思議な現象が出たので先ずは「それってなんじゃろか?」、その辺の話をしたい。

[ 続きを読む ]

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です

LightroomからRawTherapeeを直接起動する?

2016年12月29日 00:00

ミニ雪だるまと紅葉

ミニ雪だるまと紅葉

Sony α6000, SMC PENTAX-A645 75mmF2.8


※ブログに視覚要素を加えるlightboxを導入しています。上記画像をクリックすると少し大きな画像をポップアップして見る事が出来、暗くなった部分をクリックするか、画像下部のCloseをクリックすると元に戻ります。



せっかくだからRawTherapeeネタを続けたい。

Lightroomは現像処理は当然の事、写真の管理に非常に長けている。市販(メーカー純正含)、シェアウェア、フリーソフトと様々な現像ソフト、画像ビューワーソフトがある中で、Lightroomが写真管理に関しては常にトップを走っている。だからその管理能力を活かして、そこから直接RawTherapeeを起動出来たら楽じゃねぇか、そう考えた訳だ。

少々マニアックな内容になるが、今日はそんなお話を・・・。

[ 続きを読む ]

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です

RawTherapeeでベルビア100Fを再現せよ!

2016年12月27日 00:00

只見線 第四只見川橋梁

只見線 第四只見川橋梁

Pentax 645, SMC PENTAX-FA645 75mmF2.8, RVP100


※ブログに視覚要素を加えるlightboxを導入しています。上記画像をクリックすると少し大きな画像をポップアップして見る事が出来、暗くなった部分をクリックするか、画像下部のCloseをクリックすると元に戻ります。



フィルムからのデジタル化は似非デュープ処理、ライトボックス上のフィルムをデジタルカメラで撮影しただけなのでブローニー判の解像力や立体感は楽しめないものの、発色に関しては前回の記事の通り、RawTherapeeのフィルムシミュレーションのFuji Velvia 100 Genericを利用し、限りなくフィルムに似せる事が出来たので、フィルム風発色、それだけでも是非ご覧頂きたい。

※今回はPentax MX-1でなくK-5と100mmマクロレンズを使った

[ 続きを読む ]

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です