にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です

SonyでAFが使える50mmレンズを考える

2019年02月16日 00:00

神社にて

神社にて


Sony α7II, Ricoh XR Rikenon 50mmF2S


Lumixの135センサー搭載ミラーレスカメラは完全にプロやハイアマ向けシステムで、ボディもレンズもあんなに馬鹿でかけりゃ自分には無関係。しかもたかが50mmF1.4が驚愕のプライス!。25万円だって!。誰がこんなの買うんだ?。プロだって余程の50mmレンズマニアでない限り買わないでしょう。

ふと思った。プロ仕様なのは判らないでもないが、これらって現Leicaユーザーに向けた商品なんじゃないか?。Leicaと比較したら安いでしょう?。こうなると将来、撒き餌カメラ、撒き餌レンズだって出てこない可能性がある。

だって50mmF1.4が25万じゃ撒き餌で50mmF2を造っても15万くらいするっしょ。でもそれって撒き餌じゃない。安いカメラ、レンズは出しちゃ駄目、Leicaがそう決めているのではとも考えてしまう。

ボディもレンズもLマウント使用料、つまりLeicaへのお布施がかなり積み上げられているのだろうな。Lumixを買おうとしていたのにLeicaに金を払う?、とっても馬鹿馬鹿しい。

またSigmaもレンズ描写でのし上ったメーカーだからLeicaへのお布施に加え、高級路線を歩むだろうし、近頃ここのデザイン部門は22世紀の未来にタイムスリップしたんじゃないか?、と言うくらいのぶっ飛んだカメラを造ってしまうのでどのみち買うには至らない気がしている。

となるとCanon、Nikonのミラーレスカメラを含め、どうも135センサー搭載カメラの大半が己にマッチしない、そう感じている。ならば当分はSonyのミラーレスカメラを使うようになりそうだ。

だとするとオールドレンズで遊ぶのも良いが、AF単焦点レンズがあった方が良い。そこでいつもの妄想シリーズ、仕様を見てマニアックな観点から手持ちのSony α7IIに何が適しているか、語ってみたい。

[ 続きを読む ]

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です

135センサー搭載レンズ交換式カメラは流行らない? その2

2019年02月10日 00:00

Tokyo Snap

Tokyo Snap


Olympus OM-D E-M1, smc PENTAX-M 50mmF1.4


ちょっと書き足りなかった。前回の記事からの続き・・・。

[ 続きを読む ]

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です

135センサー搭載レンズ交換式カメラは流行らない?

2019年02月08日 00:00

冬のヒトコマ 冬のヒトコマ


Sony α6000, smc PENTAX-A645 75mmF2.8


私の未来予測は当たらない場合が多いのであるが・・・。

2月2日の記事にてレンズ交換式135センサー搭載ミラーレスカメラは流行らないかもと書いた。今日はその続き。

[ 続きを読む ]

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です

Sony以外の135センサー搭載ミラーレスカメラ、なんだかなぁ~

2019年02月02日 00:00

untitled

untitled


Sony α7II, smc PENTAX-M 200mmF4


これを書いているのは1月中旬、まだLumixとSigmaがどんなカメラを出してくるのか想像するしかなく、Lumixに関してはメーカーへのインタビュー記事や噂が幾つが出ており、初号機に関してはプロスペックで高額になり、おおよそのコンセプトは判っている。そしてSigmaは良くも悪くもFoven系のセンサーだから微妙な存在・・・。

昨年、NikonとCanonが135センサー搭載ミラーレスカメラを発売し、それらを含めてちょっと思考したい。

[ 続きを読む ]

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です

来年の新製品ラッシュにとっても期待!

2018年12月25日 00:00

冬の山里

冬の山里


Pentax K-5, Sigma AF17-70mmF2.8-4OS HSM


新製品が発売されると自分が使っていたカメラが旧機になってしまう。本当は今使っているカメラに十分満足しているのに最新スペックマニアや見栄っ張りは買い替えを余儀なくされる。プロカメラマンの中にも新機種なんて要らないけれど同業者やクライアントの目があるから手を出さざるを得ない人もいるだろう。

ところが私のようにおおよそ一世代前のカメラを使っている人間はそんな悩みは一切無く、むしろ新機種が出てくれたお陰で、今狙っているカメラが買い易くなるメリットにウキウキしちゃう。

今日はそんなお話を。いつもの妄想ネタであるが、クリスマスだから希望のある(実現の可能性が高い)妄想とでも言おうか?。

[ 続きを読む ]

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です

ガラパゴス、これをキーワードに妄想する

2018年11月11日 00:00

カメラの撮って出しJPG、メーカーが提供する現像ソフト、そしてLightroomなどの市販の現像ソフト、恐らく全てと言って良いだろう。シャープネスに関しては意外と保守的で、言い換えるとフィルム写真っぽい控えめな解像感しか得られない。勿論シャープネスの値を強くすれば解像感は上がるが不自然な絵になってしまう。

ところが・・・。

[ 続きを読む ]

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です

Sigmaで妄想タイム

2018年11月09日 00:00

松坂吊り橋

松坂吊り橋


Sony α6000, E PZ 16-50mmF3.5-5.6


自分が訪れた場所がテレビで「何気なく」紹介される、人はただそれだけで嬉しくなってしまう。

NHK BSの番組、「にっぽん縦断 こころ旅」。俳優の火野正平が視聴者の手紙を元に彼らの思い出の場所を自転車で尋ねる旅。11月7日、福島県はいわき市だった。おっ!、いわき市!。ここは2年前炭坑産業遺産を求めて訪れている。

「フラガール」を観てフラッと産業遺構探索

上のリンクの通り、海沿いを除いていわき市ほぼ全域に渡り、炭鉱関連の産業遺産を求めて写真を撮り歩いたので、もしやその風景が番組の最中に写っているかも!、ボタ山のひとつでも映像にあれば!、そんな意識で見ていたら・・・。

番組最初のシーンでは必ず地図で場所を確認するロケ隊一行。行き先が好間川の吊り橋とな。うん?、火野正平が指差すところ、なんか記憶にあるぞ!?。なんと!、その視聴者投稿の思い出の場所そのものが2年前に訪れた場所だった。それがトップ写真。

ここは常磐炭坑ではなく古河好間炭鉱の産業遺産。山と炭坑住宅の往来に使われた吊り橋。好間川をもう少し内陸に進めば、好間炭坑貨物専用線の橋梁が今でも残っていたりもする。

ただ、googleマップの航空写真で確認した限り、記憶が曖昧で場所がどこだか覚えていないが、川沿いに大規模な炭坑住宅があった筈・・・、でもどこをどう探しても見つからない。

多分整地されちゃったんじゃないかな。この辺りはソーラー発電が盛んなので、炭坑関連の跡地の多くが発電所に変わっている。もしかしら2年の間に炭坑住宅もソーラーパネルになっちゃったのかも(この辺りにはあとふたつ小規模な炭坑住宅があるが、それは今でも残っているようだ)。

高所恐怖症の火野正平も渡れた頑丈な吊り橋、そう、2年前私も渡った。いやぁ、なんだか嬉しいね。

今回は郷愁をイメージし、RawTherapeeを使い、オールドフィルム風に現像した。まぁLightroomでもdarktableでも同じような発色を作り出せるが、今日はRawTherapeeの気分だった。

そんな訳で本題へ・・・。

[ 続きを読む ]

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です

高級コンデジ欲しい熱が上がり始めたぞ!、しかし・・・

2018年11月05日 00:00

我輩は猫である

我輩は猫である


Canon Powershot G9


ある日のお散歩写真セットはSony α7IIにCanon NewFDの24mmF2.8、50mmF1.4、100mmF2.8だった。これで大きな不満はない。強いて言えば24mmはあんまり使わないのでSony α6000にセットして36mm相当で2台体制で撮影した方が良いかな?、ってくらい。

そんな時、また変な熱が出てきちゃった・・・。

[ 続きを読む ]

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です

日本のレビューサイトは提灯持ちでしかない

2018年11月01日 00:00

夜の工場

夜の工場


Olympus OM-D E-M1, Lumix G25mmF1.7


Sony α7からα7IIになり手ブレ補正が内蔵されたのが大きな進化。しかし仕様やすでに公開されているレビューサイトなどを見る限り、それ以外のスペックは画質も含めてさほど変化がないようだ。これはSonyカメラに興味のある方なら判りきった事。

だから手ブレ補正ネタを書いた瞬間にすでに惰性モード発令である・・・。

[ 続きを読む ]

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です

どうなる?、どうする?、OlympusとFujifilm、そしてPentax

2018年10月14日 00:00

秋晴れ

秋晴れ


Pentax K-5, Sigma AF17-70mmF2.8-4OS HSM


本記事、元々は10月8日の記事からの続きで、弱小三社に関しては冷静に現状を見つめ、ネットニュースやレビューなどを考察し、割と素直(客観的?)な中身だった。

ところがである!。書きたかった内容の全てを9月末の時点で、型落ちハンターさんが纏められちゃった!。

そんなにデカいカメラが好きなのか?

いや、ホント、自分の下書きと照らし合わせてほぼ同じ。こいつは一大事である。そこで少し手直しをし、今までのように主観のみ!、そして妄想力を発動したのだった。身勝手なスーパー妄想!。

[ 続きを読む ]

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です



最新記事