にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です

RawTherapee Ver5.2.xx、開発中バージョンを試す - Dynamic Profileを活用する

2017年10月21日 00:00

fc2ブログのSSL化に伴い、ブログURLが変更されました。

旧URL http://bigdaddyphoto.blog41.fc2.com/
新URL https://bigdaddyphoto.blog.fc2.com/

旧URLからでも新URLへリダイレクトされますが、新たに本ブログのリンクを張られる方は新URLでお願いします。

廃なパチンコ屋にて

廃なパチンコ屋にて


Pentax K-5, Sigma 17-70mmF2.8-4 OS HSM


前回の記事に引き続き、RawTherapeeの日本語版のVer5.1、5.2がまともに動いてくれなかったので、それが修正された5.2の修正版を利用して、5.1から追加された機能について述べたい。

今回はダイナミックプロファイルについて。ここでのプロファイルとはカメラ毎のカメラプロファイルやフィルムシミュレーションと言ったカラープロファイルではなく、「処理プロファイル」を意味する。

そしてダイナミックプロファイルとは開発中バージョンでなくVer5.1で正式に採用された、カメラ名やレンズ名から自動的に起動時の任意の処理プロファイル(pp3ファイル)をセットしてくれるツール。

現在はすでに日本語版でも動作するVer5.3が正式に発表されているのでわざわざ5.2の開発版を使う必要は無い。

また、この記事は10月初めに予約投稿で放り込んだもので、現時点では5.3をベースにした5.3.166と言うLocalLabが使える開発中バージョンが存在している。

LocalLabとはLightroomでのフィルターに該当する。部分的に露出、彩度、シャープネス、ノイズリダクションなどを調整出来、しかも複数それをセット出来るので非常に便利なツール。LocalLabに関しては別途、11月初旬くらいにネタにするつもりだ。
[ 続きを読む ]

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です

RawTherapee Ver5.2.xx、開発中バージョンを試す - Huginでレンズ補正データを作る

2017年10月19日 00:00

下町ハイパー

下町ハイパー


Sony α6000, smc PENTAX 24mmF2.8


RawTherapeeはVer4.xから5.0にメジャーバージョンアップした際、何が変わったか良く判らなかったが、5.1、5.2からいきなり有用な機能が増えた。しかし幾つか日本語環境の問題(ロケール)で実質5.1からのバージョンは9月初めまで使えない状態が続いた。

今回はその日本語環境問題が修正された5.2の開発中バージョンを用い、5.1から追加された機能を試したい。今日現在、正式にVer5.3がリリースされているが、LocalLab(Lightroomの円形フィルターのような機能で部分的に様々な作業が可能になる)を利用したいので「ほぼ5.3の機能を持った」5.2の開発中バージョン(RawTherapee_newlocallab_5.2-332 Win64)を使っている。

追記

この記事は10月初めに予約投稿で放り込んだもので、現時点では5.3をベースにした5.3.166と言うLocalLabが使える開発中バージョンが存在している。

またLocalLabに関しては別途、11月初旬くらいにネタにするつもりだ。
[ 続きを読む ]

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です

RawTherapeeでカリカリ像を楽しむのも良いのだが・・・

2017年07月31日 00:00

産業遺構

産業遺構


Sony α6000, EPZ16-50mmF3.5-5.6


※ブログに視覚要素を加えるlightboxを導入しています。上記画像をクリックすると少し大きな画像をポップアップして見る事が出来、暗くなった部分をクリックするか、画像下部のCloseをクリックすると元に戻ります。



ここでは「等倍鑑賞なんてしない」なんて人はおとといおいで。ただ、「こいつ、等倍マニアだぜ」と忌み嫌われるのも癪なので、まずは下のリンクを。

等倍鑑賞しない人間は信用出来ない

そう、私は「等倍鑑賞をしないとやたらに強調したがる人」を忌み嫌っている。そのように発言すればスマート、玄人っぽいと本人が思っていて、等倍鑑賞をしない人がカッコイイ、それを世の風潮にしようと企んでいる気がしてならない。

そんな輩が「このカメラは云々、あのレンズは云々・・・」って絶対に信用出来ねぇって。勿論、成果物も考えず等倍鑑賞だけを頼りに「このカメラは云々、あのレンズは云々・・・」、これも相当に気持悪い。

等倍鑑賞における大きな弊害

これを踏まえて・・・。

[ 続きを読む ]

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です

ExifToolGUIで楽をしよう!

2017年07月19日 00:00

Tokyo Bay

Tokyo Bay


Lumix GX7, SMC PENTAX-FA28mmF2.8AL


※ブログに視覚要素を加えるlightboxを導入しています。上記画像をクリックすると少し大きな画像をポップアップして見る事が出来、暗くなった部分をクリックするか、画像下部のCloseをクリックすると元に戻ります。



今までの一連のexiftoolネタ、ブログ内カテゴリで「exiftool」を作ったので、ページを下にスクロールさせ、カテゴリ「レタッチ、現像」の下位に「exiftool」を作ったのでそれを参照して頂きたい。

ExifToolカテゴリ

さて、今回はExifToolGUIについて。

[ 続きを読む ]

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です

exiftool 余談・・・

2017年07月11日 00:00

Tokyo Bay

Tokyo Bay


Lumix GX7, SMC PENTAX-FA28mmF2.8AL


※ブログに視覚要素を加えるlightboxを導入しています。上記画像をクリックすると少し大きな画像をポップアップして見る事が出来、暗くなった部分をクリックするか、画像下部のCloseをクリックすると元に戻ります。



前々回の記事に引き続き、しつこくexiftoolネタを・・・。今日はタイトルの通り余談であるが、この余談が必要になる方もいらっしゃるかも・・・。

[ 続きを読む ]

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です

exiftool 使用例をもう一度

2017年07月07日 00:00

アフラックじゃないけど・・・

アフラックじゃないけど・・・


Lumix GX7, HOLGA 25mmF8


※ブログに視覚要素を加えるlightboxを導入しています。上記画像をクリックすると少し大きな画像をポップアップして見る事が出来、暗くなった部分をクリックするか、画像下部のCloseをクリックすると元に戻ります。



7月3日の記事の続き・・・。
[ 続きを読む ]

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です

LumixカメラでLightroomとBridgeのEXIFの扱いに違いがあるからExifToolで解消する

2017年07月03日 00:00

バニーガール

バニーガール


Lumix GX7, G25mmF1.7


※ブログに視覚要素を加えるlightboxを導入しています。上記画像をクリックすると少し大きな画像をポップアップして見る事が出来、暗くなった部分をクリックするか、画像下部のCloseをクリックすると元に戻ります。



夕方、何気に光TVのチャンネルをザッピングしていたら囲碁、将棋チャンネルで話題の藤井四段の対局をライブ中継していた。

早指し戦ではないので重要な場面では一手に1時間以上とかざら。その間、大盤の解説を視聴者は見るのだが、当然解説にも限界があり、やっぱり話題は昼飯に何を食べたか、夕飯は何を食うのか?、そんな会話になっていく。ちなみにこの日の藤井四段は昼は冷やし中華、夜は若鶏のから揚げ。

途中から見たのだが、序盤戦は互いに流行の横歩取りだったようで対局は意外とあっさりだった。勝った佐々木五段は若手のイケメン棋士で、藤井ブーム以外にも佐々木ブームも来る兆し?。

対局が終了し、感想戦に入る前、報道陣に部屋を公開、カメラマンがどんどん入り口から入ってくる。ハイエナのように二人を取り囲み連写の嵐。中には撮影の準備が出来ていなかったのか、明らかにライバルに遅れをとった、あたふたしているカメラマンもいた。プロカメラマンもアマチュアカメラマンも如何に貪欲に写真を撮るか、良い写真を撮るにはこれが一番のキーだろう。

面白かったのが、撮影ポジション、勝利した佐々木五段を写すのにベストポジションを確保するカメラマンとトレンドの藤井四段の表情を撮るのに最適な場所を選んだカメラマン・・・。

まぁカメラマン同士知り合いだろうから、あとでポジション交換するのだろうが、私がそこにいたらやっぱり勝者を先に撮りたいと思う。勝っても負けても注目される佐々木五段、まだカメラマン慣れしていない表情を狙いたい。

さて、本題へ。

写真を整理していて重要なのはEXIF情報だ。どのカメラ、レンズが使われているか、撮影時の情報が満載だからだ。ところが電子接点のないマウントアダプターを利用して他社のレンズを装着するとレンズ部分の情報がごっそり抜けてしまう。

そこでexiftoolと言うコマンドラインから利用するプログラムを利用して欠けている部分にデータを加えるのだが・・・。

[ 続きを読む ]

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です

RawTherapeeのRetinexでDehaze(かすみの除去) 実例

2017年06月09日 00:00

untitled

untitled


Pentax K-5, Sigma 17-70mmF2.8-4 OS HSM


※ブログに視覚要素を加えるlightboxを導入しています。上記画像をクリックすると少し大きな画像をポップアップして見る事が出来、暗くなった部分をクリックするか、画像下部のCloseをクリックすると元に戻ります。



前回の記事の通り、RawTherapeeのRetinexを使えばおおよその写真はLightroomの霞の除去と同じように作用するのが判ったが、そうでない写真も出てきてしまう。今回は幾つかの写真での実践だ。

[ 続きを読む ]

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です

RawTherapeeのRetinexでDehaze(かすみの除去) 基本編

2017年06月07日 00:00

Tokyo Snap

Tokyo Snap


Pentax K-5, Sigma 17-70mmF2.8-4 OS HSM


※ブログに視覚要素を加えるlightboxを導入しています。上記画像をクリックすると少し大きな画像をポップアップして見る事が出来、暗くなった部分をクリックするか、画像下部のCloseをクリックすると元に戻ります。



RawTherapeeには長所も多いが欠点も多々ある。その中で一番の欠点はあまりにも操作が複雑過ぎてとっつきにくい点だろう。「CIE色の見えモデル2002」なんて何をする機能かも判らず一度も使っていない。恐らく全世界でこの機能を使える人って数人じゃないか?、ってくらいのレベル。

そしてVer4の後半から追加された「ウェーブレット」と「Retinex(露光タブにある)」の2つも複雑怪奇。これらも使いこなせる人は全世界でもほんの僅かしかいないだろう。

今日はRetinexについて。

[ 続きを読む ]

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です

ノイズ寛容度

2017年03月25日 00:00

untitled

untitled


Pentax LX, SMC M50mmF1.4


※ブログに視覚要素を加えるlightboxを導入しています。上記画像をクリックすると少し大きな画像をポップアップして見る事が出来、暗くなった部分をクリックするか、画像下部のCloseをクリックすると元に戻ります。



デジタルカメラの進歩は解像度(画素数)を上げるのは勿論の事、ノイズとの戦いの歴史と言えるだろう。そして私のデジタル写真史も同じくノイズとの戦いだった。

そこで問題になってくるのがどの程度までノイズを許すか許さないか・・・。

[ 続きを読む ]

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です